【訃報】山田綜合設計、星野会長死去…人・環境に優しい建築づくり目指す 画像 【訃報】山田綜合設計、星野会長死去…人・環境に優しい建築づくり目指す

マネジメント

 山田綜合設計(大阪市中央区)の会長で前社長の星野光一(ほしの・こういち)氏が13日、心不全のため死去した。82歳だった。告別式は16日正午から奈良市大安寺西3の183の1の天礼社大和会館で。喪主は長女の由紀子さん。
 東京都出身。1956年早大理工学部建築学科を卒業し、山田守建築事務所に入社。66年に大阪事務所所長、80年に大阪山田守建築事務所社長に就任。代表取締役会長、取締役会長を歴任し、11年山田綜合設計の会長に就いた。
 多くの医療施設の作品を手掛け、京都タワー(京都市下京区)の設計では総括責任者も務めた。
 山田守建築事務所大阪事務所を法人化(大阪山田守建築事務所創業)した当時の所長で、山田守建築事務所の創設者、故・山田守氏の伝統を受け継ぎ、「人に優しい、環境に優しい建築づくりを目指し社会に貢献する」を企業理念に、設計活動を展開してきた。
 02年に九州事務所、05年に東京事務所をそれぞれ開設し、3事務所体制を構築。10年9月に現社名に改めた。

山田綜合設計会長・星野光一氏死去/人・環境に優しい建築づくり目指す

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 保険会社がスポーツイベントに注力…その背景

    保険会社がスポーツイベントに注力…その背景

  2. 空きスペースを活用して「駐車場経営」できる新サービス、違法駐車解消の期待も

    空きスペースを活用して「駐車場経営」できる新サービス、違法駐車解消の期待も

  3. 独身者の帰省費用負担、ゼネコンで新たな焦点に

    独身者の帰省費用負担、ゼネコンで新たな焦点に

  4. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  5. LANケーブルから給電、小規模店舗向け監視カメラシステム――トライポッドワークス

  6. パシコンの長期経営ビジョン、30年に売上高1000億円以上実現へ

  7. 不当解雇で訴えられないために!従業員の「正しい解雇手続」セミナー開催

  8. 「不動産会社から相手にされない物件」を売るウェブサービス登場

  9. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  10. 専門家に聞く「そもそもマイナンバー」って何?――10月までに知っておきたいこと

アクセスランキングをもっと見る

page top