【訃報】山田綜合設計、星野会長死去…人・環境に優しい建築づくり目指す 画像 【訃報】山田綜合設計、星野会長死去…人・環境に優しい建築づくり目指す

マネジメント

 山田綜合設計(大阪市中央区)の会長で前社長の星野光一(ほしの・こういち)氏が13日、心不全のため死去した。82歳だった。告別式は16日正午から奈良市大安寺西3の183の1の天礼社大和会館で。喪主は長女の由紀子さん。
 東京都出身。1956年早大理工学部建築学科を卒業し、山田守建築事務所に入社。66年に大阪事務所所長、80年に大阪山田守建築事務所社長に就任。代表取締役会長、取締役会長を歴任し、11年山田綜合設計の会長に就いた。
 多くの医療施設の作品を手掛け、京都タワー(京都市下京区)の設計では総括責任者も務めた。
 山田守建築事務所大阪事務所を法人化(大阪山田守建築事務所創業)した当時の所長で、山田守建築事務所の創設者、故・山田守氏の伝統を受け継ぎ、「人に優しい、環境に優しい建築づくりを目指し社会に貢献する」を企業理念に、設計活動を展開してきた。
 02年に九州事務所、05年に東京事務所をそれぞれ開設し、3事務所体制を構築。10年9月に現社名に改めた。

山田綜合設計会長・星野光一氏死去/人・環境に優しい建築づくり目指す

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  3. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

    国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  4. 青森県建設業協会、新会長に鹿内雄二氏が就任

  5. 公共工事の労務単価、法定福利費加算を継続で社保加入徹底促進

  6. 八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

  7. 「残業が無制限にできてしまう」規定見直しを……建設業界に広がる声

  8. 東亜建設工業社長に秋山代表取締役兼執行役員副社長、6月就任

  9. 「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

  10. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

アクセスランキングをもっと見る

page top