「ブラウンスイス」100%の生チョコ8種完成、北海道標茶町 画像 「ブラウンスイス」100%の生チョコ8種完成、北海道標茶町

インバウンド・地域活性

 北海道東部の標茶町雷別の北川牧場が直営するミルキークラウン乳業(株)が、同牧場の「ブラウンスイス」の生乳を100%使った生チョコを開発した。ホワイトチョコをベースにプレーンやチーズ、アールグレイなど8種の味を楽しめる。将来的には地元のチーズ工房のチーズを使うなど町ならではの商品展開を目指す。きょうはバレンタインデー。
 同社は、希少種といわれる「ブラウンスイス」から搾った生乳を原料にしたソフトクリームの製造販売を皮切りに、昨年はイタリアの定番スイーツカスタードを使った「カタラーナ」などを販売した。

 生チョコは、統括パティシエの佐藤浩一さんが以前から構想を練ってきたスイーツの一つ。昨年9月から試作に取り掛かり、11月に完成した。同社会長の舘石吉貴さん(38)は「食べた瞬間、チーズのうま味と甘味が口に広がり、後を引くおいしさだ」と仕上がりに自信をみせる。現在は3月の発売に向けてパッケージを改良中で「納得のいく商品を出したいので、来年のバレンタイン商戦を目指す」と先を見据える。

 生チョコの原材料には北海道産チーズを使っているが、年内には同町の長坂牧場が製造するセミハードタイプのチーズに切り替える計画だ。舘石さんは「自社でチーズやバターを作ればいいとの声もあるが、域内の酪農家同士が手を結び、相乗効果を高めたい」と意気込む。

 生チョコは1個約40グラム。3個、6個、8個の詰め合わせで価格は未定という。問い合わせはミルキークラウン乳業(株)、(電)0154(53)7788。

生チョコ8種完成 「ブラウンスイス」100% 北海道標茶町

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

    日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  3. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. 「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出

  7. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  8. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  9. 名古屋駅西側、特定都市再生緊急整備地域に追加指定……再開発加速

  10. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

アクセスランキングをもっと見る

page top