“「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」 画像 “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

インバウンド・地域活性

 2月3日から5日まで、ザ・プリンスパークタワー東京で開催された「実践ソリューションフェア2016」(大塚商会が主催)。2月3日には「夢みる力が『気』をつくる~クルーズトレイン『ななつ星in九州』はいかに生まれたか~」と題し、九州旅客鉄道株式会社の唐池恒二代表取締役会長による特別セミナーが実施された。

 JR九州が2013年10月から運行しているクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」。この日のセミナーでは、同列車の企画から運行まで自ら指揮を執った唐池氏が、ビジネスにおける「気」の重要性を、「気」の結晶だという「ななつ星 in 九州」誕生のエピソードと共にユーモアを交えて語った。

■「世界一の列車を作ろう」
 「ななつ星 in 九州」について「JR九州グループ全社員の思いが込められた車両」と語る唐池氏。北斗七星の和名から命名され「新たな人生にめぐりあう、旅」をコンセプトとした同列車は、最低でも1人25万円(第8期)が必要な高額な料金設定にもかかわらず平均倍率が30倍を超える圧倒的な人気ぶり。唐池氏は「ななつ星 in 九州」を「世界一の列車を作ろう」との思いを共有して作られた車両であると話す。

 「ななつ星が出来上がる前の2か月間は戦場ですよ」と当時を振り返った唐池氏。「デザイナーが職人さんと胸ぐらを掴むぐらいの喧嘩をする。(内装が)5ミリでも場所が違ったらデザイナーは怒るんですが、職人さんは彼らは哲学を持っていますから、その哲学で世界一の列車に貢献しようとする。お互いの哲学がバトルを生んで、その中で生まれたのがななつ星の車両です」と最高の目標に向かって、妥協を許さない制作を続けた舞台裏を明かした。

■「気」はどこから生まれるのか
 このセミナーでテーマとなったのは「気」。「車両を作る人、サービスする人、それを取り巻く社員の『気』を込めて、世界一という夢に向かって皆が進みました」と語る唐池氏だが、「気」とはどのようなもので、果たしてどこから生まれるのか?

 屋久島の「もののけ姫」のモデルとなった森を例に挙げ「その森は鬱蒼として、谷川があり、水が流れている。足を踏み入れると、森自体が『気』を持っているのを感じます」と「気」という概念に触れた唐池氏。また「街で『旬のタレントさん』をたまたま見かけると、やはり何かが輝き、オーラが出ていますよね」と「気」がオーラのように人間から発するものであると指摘する。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  5. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. 小田急グループ、御殿場アウトレット内にホテルと温泉施設を建設

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top