2015年の建設受注、民間工事牽引で総額約7%増 画像 2015年の建設受注、民間工事牽引で総額約7%増

インバウンド・地域活性

 国土交通省は10日、15年(1~12月)の建設工事受注動態統計調査を発表した。受注総額は前年比6・9%増の81兆7765億円で。このうち元請受注高は55兆6918億円(前年比6・4%増)で、公共工事の受注が減少したものの、民間工事が増加した。民間工事は比較的規模の小さな工事を含めて増加しており、全体を下支えした格好だ。
 元請受注のうち、公共工事は15兆8299億円(9・3%減)、民間工事は39兆8619億円(14・3%増)。都道府県別の増減をみると、元請受注全体では、17地域で前年実績を割り込んだ。公共工事で前年割れとなったのが37地域だったのに対し、民間工事は13地域にとどまった。
 民間工事の受注増をけん引したのは不動産業の住宅やサービス業の事務所などの大規模工事。ただ、これ以外の分野では、目立った大規模工事がなく、比較的規模の小さな工事が積み上がり、全体を押し上げたとみられる。
 一方、公共工事は国の機関、地方の機関とも前年実績を割り込んだ。1件500万円以上の工事の集計では、国の機関が5兆1443億円(14・4%減)、地方機関が9兆7814億円(7・0%減)。このうち、国と都道府県はいずれも2桁のマイナスとなった。

15年1~12月の建設受注、総額6・9%増/公共減も民間が下支え/国交省

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  6. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  9. 朝日温海道路の新潟県内区域工事、約50%がトンネルや橋梁に!

  10. ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

アクセスランキングをもっと見る

page top