栃木・小野寺北小旧校舎の保存を市に要望、日本建築家協会3団体 画像 栃木・小野寺北小旧校舎の保存を市に要望、日本建築家協会3団体

インバウンド・地域活性

 日本建築家協会(JIA)関東甲信越支部(上浪寛支部長)、同保存問題委員会(安達文宏委員長)、同栃木地域会(阿久津新平代表)の3団体は5日、「栃木市立小野寺北小学校旧校舎」の保存を求める連名の要望書を、鈴木俊美栃木県栃木市長と関口孫一郎同市議会議長、赤堀明弘同市教育長に提出した。
 小野寺北小旧校舎(栃木市岩舟町小野寺2127)は、合併前の旧岩舟町立の小学校校舎として1894(明治27)年に建てられ、同市が14年度に行った調査で、現存する明治時代の小学校建築最初期の貴重な一例と評価されている。
 要望書では、旧校舎は120年にわたって地域の景観の一部として歴史を重ね、当時の学校教育空間・建築技術を伝える文化的価値を有していると指摘。近年は全国的にストック活用への関心が高まり、地域資産として魅力的な活用事例も生まれているとして、保存活用の可能性を十分に検討するよう求めた。保存・活用にはJIAとしてできる限り協力する方針も伝えた。
 福田富一栃木県知事にも同趣旨の要望書を提出した。

JIA関東甲信越ら/小野寺北小旧校舎(栃木県栃木市)保存で市に要望書提出

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  2. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  3. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  7. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  8. 叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top