4年に1度の「肉の日」2回の2月、仕掛ける外食産業 画像 4年に1度の「肉の日」2回の2月、仕掛ける外食産業

ライフ

 「に(2)く(9)」の語呂合わせでつくる「肉の日」。うるう年の今年は2月9日と29日の2度、ひと月に訪れるとあって、フェアなどに力を入れて肉を売り込む外食店が相次いでいる。29日まで長期で特別メニューを提供したり、2度目の「肉の日」にスペシャル版を出したりと、あの手この手で客を呼び込む狙いだ。
 月に2度「肉の日」で売り込みができると、鼻息が荒いのはJA全農ミートフーズ(東京都港区)が都内で7店経営する焼き肉レストラン「ぴゅあ」。普段、月1回の「肉の日」フェアで提供する、和牛と国産豚を使った「コンビカルビランチ」を9日と29日に用意する。価格は700円で通常の3割引きだ。

 フェアは、普段の2倍の客が入る店もある人気の企画。国産牛肉は出荷頭数の減少で相場高が続いており、「国産離れ」も懸念される。4年に1度の機会に乗じて、国産のおいしさを再確認できる場面を増やすことで、「確かなファン獲得につなげたい」と強調する。

 全国に11店舗ある、熟成牛ステーキ専門店「ゴッチーズビーフ」(京都市)は9日から29日までを「プレミアム期間」とし、特別メニューを投入する。名物の熟成ヒレ肉ステーキなど10種類を盛り合わせにし、総重量1キロの「肉盛りプレート」(5000円・税別)として1日5組限定で提供する。

 見た目にインパクトがあり、女子会など多人数で楽しめる。同社は「インターネットで話題となり、既に問い合わせや予約が相次いでいる」と手応えをつかむ。

 東京都内を中心に約60店を展開する「焼き肉トラジ」(東京都江東区)は、9日に国産カルビ、ハラミなどを通常の半額で提供。さらに29日はスペシャル版に格上げする。

 通常は半額サービスだけだが、優待券や自社の焼き肉のたれをプレゼントする。定番の企画に変化を出したい考えだ。

 ファミリーレストラン「ステーキガスト」は今年一年間を特別な“肉の年”と位置付ける。9日を皮切りに、全国140店で毎月29日、内容を変えてイベントを仕掛けていくという。

「肉の日」 商機逃すな 今月は2回 きょうから 長期集客作戦 フェア多彩に 外食各社

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 15言語対応の自販機、20年までに8万台設置へ……日本コカ・コーラ

    15言語対応の自販機、20年までに8万台設置へ……日本コカ・コーラ

  2. 注目集める緑色蛍光シルク……養蚕復興に新たな可能性

    注目集める緑色蛍光シルク……養蚕復興に新たな可能性

  3. 今後3年で“タニタ”の文字が飲食業界にあふれ出す!

    今後3年で“タニタ”の文字が飲食業界にあふれ出す!

  4. 文房具好きは何県? 文房具の世帯別購入金額比較と歴史

  5. 新しい遺伝子治療法!? ゲノム編集でマウスの筋ジストロフィー改善

  6. 居酒屋などで飲み物を注文しない客はマナー違反? どう対処する?

  7. 動物検疫もっと知って! 農水省が外国語サイトで情報発信強化

アクセスランキングをもっと見る

page top