【FTIJ2016】手のひら静脈認証の決済デモを体験、カードレス化で機会損失を防ぐ 画像 【FTIJ2016】手のひら静脈認証の決済デモを体験、カードレス化で機会損失を防ぐ

イベント

 富士通は11日、東京ビッグサイトで開催中の「FOOD TABLE in JAPAN 2016」で、手のひら静脈認証技術を取り入れたカードレス決済システムの展示を行った。

 これは、15年10月にJCBと共同で構築したもの。手のひら静脈情報をカード情報に紐づける形で登録することで、カードを携帯しなくてもクレジットでの決済が可能となる。他人受入率0.00008%以下という認証精度と、指紋などと違って濡れても形状が変わらないことも利点の一つだ。

 会場では実際にレジを設置し、手のひら静脈認証のデモが行われた。タブレット上のPOSレジアプリで会計操作を行い、センサーに手のひらをかざすと、紐づけられたカードを一覧で表示。後は使用するカードを選ぶだけで精算が完了する。

 従来は財布に入るカードに限りがあるため、そこに選ばれないことが機会損失の原因となっていた。しかし、同システムでは画面上に登録したカードが一覧表示されるので、必ず利用者の選択肢の一つに入ることができる。

 なお、端末の設置費用を誰がどのように負担するかについては、現在JCBでもビジネスモデルを模索中だという。イメージしやすいのはクレジットカード決済端末と一体化させて、従来のように店が購入する形だろう。システム構成に含まれるタブレットは、デジタルサイネージとしても機能させられるので、店側にもメリットのある仕組みとなる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

    【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

  2. “プラスIT”で経営の何が変わる? 全国10会場で展示イベント

    “プラスIT”で経営の何が変わる? 全国10会場で展示イベント

  3. Workcise(Work+Exercise)で健康経営を実践するイトーキ

    Workcise(Work+Exercise)で健康経営を実践するイトーキ

  4. 【国際ロボット展】ロボット配線たるみを解決、伸縮電線「ROBODEN」

  5. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  6. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  7. 次世代のいけばな! 「学校華道インターネット花展」審査結果発表

アクセスランキングをもっと見る

page top