前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格 画像 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

マネジメント

 前田建設は10日、創業家出身の前田操治取締役兼専務執行役員(営業管掌)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。小原好一社長は代表権のある会長に就く。
 13年度にスタートした3カ年の中期経営計画の業績目標を達成できる見通しとなったのを機にトップを交代。これまで進めてきた「脱請負」「環境経営」などの取り組みを、新体制の下でさらに推進する。

 前田 操治氏(まえだ・そうじ)92年早大人間科学部卒、97年米カーネギーメロン大経営工学大学院修士課程修了、前田建設入社。02年取締役兼常務執行役員経営管理本部長兼情報システムサービスカンパニー担当、03年海外事業統括、04年専務執行役員、10年エネルギー管掌、11年関西支店長、14年営業管掌。福井県出身、48歳。

前田建設/社長に前田操治取締役兼専務執行役員昇格/4月1日就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

    ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  3. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

    ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  4. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  5. 建設下請実態、賃金「引き上げた」上昇、施工体制台帳に改善余地

  6. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  7. 運送企業を対象に「衝突防止補助システム」を無料モニター提供

  8. 国交省、「発注方式選定表」を本格導入

  9. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  10. 電機再編、経産省が狙う最後の本丸は“遺恨”ある原発?

アクセスランキングをもっと見る

page top