【FTIJ2016】銀聯カードに代わるインバウンド決済、手数料不要の「WeChat Payment」 画像 【FTIJ2016】銀聯カードに代わるインバウンド決済、手数料不要の「WeChat Payment」

イベント・セミナー

 産直野菜の卸事業を展開するベジコープは11日、東京ビッグサイトで開催中の「FOOD TABLE in JAPAN 2016」で、中国人観光客向け決済ソリューション「WeChat Payment(微信支付)」の展示を行った。

 これは中国でアクティブユーザー6億人を集めるSNS「WeChat」を利用した決済サービスとなる。日本向けシステムは株式会社ネットスターズが共同開発にあたり、15年7月にサービスがスタート。既に大丸松坂屋百貨店などが導入を決めている。

 決済時には店舗が決済アプリを起動し、利用者のQRコードを撮影する形となる。端末は店舗側が自前で用意してもいいので、初期コストを抑えられるのが魅力。一方、中国人観光客にとっては、銀聯カードのように手数料が引かれないのがメリットとなり、インバウンド需要に合わせた国内での普及が予想されているようだ。

 ベジコープでは同ソリューションの代理店の一つとなり、今後は飲食店を中心に導入をサポートしていくという。インバウンド対応に追われる飲食店や小売店には、決済手段の選択肢の一つになるだろう。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/H14》

編集部おすすめの記事

特集

イベント・セミナー アクセスランキング

  1. 先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

    先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

  2. 教育現場のICT、その最新動向とは?

    教育現場のICT、その最新動向とは?

  3. 【国際ロボット展】人工筋肉内蔵「マッスルスーツ」に新たな展開、圧縮空気不要のスタンドアローンタイプも

    【国際ロボット展】人工筋肉内蔵「マッスルスーツ」に新たな展開、圧縮空気不要のスタンドアローンタイプも

  4. 日本のバブル学ぶ中国人経営者、セミナーに見る未来

  5. 信州で持続可能な林業への挑戦、カラマツの間伐材を外壁パネルに

  6. 国語科でのアクティブ・ラーニングを検討 10月17日

  7. 「農業ワールド」が幕張メッセで開幕。過去最大の出展規模 10月14-16日

  8. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  9. 【新電力EXPO】微生物と下水で電気が生まれる、NEDOが発電型排水処理技術に関する展示

  10. ウェアラブルの未来へ……最新端末と技術を展示する「ウェアラブルEXPO」が開幕

アクセスランキングをもっと見る

page top