オプテックス、センサ類生産でベトナムの工場と契約 画像 オプテックス、センサ類生産でベトナムの工場と契約

海外進出

 オプテックスは8日、リズムプレシジョンベトナムに生産を委託し、同ベトナム工場で2月下旬より製品量産を開始することを発表した。

 リズムプレシジョンベトナムは、時計や情報機器、電子部品などを製造する埼玉県に拠点を構えるリズム時計工業のグループ会社となる。

 現在、同社では、中国(東莞)の自社工場と日本国内の協力工場での生産体制をとっているが、新たにベトナムにも生産拠点を持つことで、グローバルな供給体制の強化と、リスクヘッジを実現する。

 ベトナム工場では、セキュリティセンサや自動ドアセンサ、FA用センサの一部を生産。また、ITを活用することで、ベトナム工場の生産状況を日本でもリアルタイムで把握できるといったシステムも構築中とのこと。

 電気機械メーカー、自動車メーカーの多くで東南アジア諸国を拠点化(IPO/International Purchasing office)する流れや、アセアン経済共同体(AEC)の発足による地域経済の活性化なども見込まれており、そうした流れに対応するためにベトナムを選定したという。

オプテックス、ベトナムの工場に生産委託……グローバルな供給体制強化へ

《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. イチゴの長距離船便に対応するパッケージ、鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

    イチゴの長距離船便に対応するパッケージ、鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

  4. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  5. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  6. PGEが国際物流強化、インドネシア現法の営業を開始!

  7. 世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

  8. マレーシア-シンガポール間の高速鉄道、JR東などが施工に名乗り

  9. 豊島、インビスタとインドネシアでの機能性ポリエステルなどの販売代理店契約を締結

  10. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

アクセスランキングをもっと見る

page top