牛肉・海老・パワースポットで認知度1位!三重県がイメージ調査実施 画像 牛肉・海老・パワースポットで認知度1位!三重県がイメージ調査実施

インバウンド・地域活性

 今年5月の伊勢志摩サミット開催を控えた三重県。伊勢神宮などの名所があることで知られる同県が「日本全国でどのようなイメージを持たれているか」を調査し、その結果が10日に発表された。

 この調査は全国の20代から50代の男女1750人を対象にしたもの。1月29日から2月1日にかけて、インターネットを通してアンケートを行った。

 調査では「牛肉がおいしい・有名な都道府県は?」「ブランド牛が食べられる都道府県は?」「最高級のお肉の産地の都道府県は?」といった牛肉に関する質問で、すべて三重県が1位を獲得。どの問いでも2位の兵庫県を倍以上引き離し、同県の「松阪牛」ブランドが全国で認知されている現状が明らかとなった。

 また「海老がおいしい・有名な都道府県は?」との問いにおいても、三重県が1位を獲得(2位は北海道)。「伊勢海老」の産地としての浸透が調査結果に表れた。

 さらに、食べ物だけでなく「訪れたいパワースポットがある都道府県は?」「モータースポーツの聖地がある都道府県は?」といった質問でも三重県が1位を獲得。伊勢神宮や熊野古道、鈴鹿サーキットの存在も、三重県の大きなインパクトとなっていることが明らかになっている。

 伊勢志摩サミットの開催まで100日余り。国内外から多くの人の来県が予想され、三重県では各産業で盛り上がりの期待が高まっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  8. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  9. 新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

  10. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top