牛肉・海老・パワースポットで認知度1位!三重県がイメージ調査実施 画像 牛肉・海老・パワースポットで認知度1位!三重県がイメージ調査実施

インバウンド・地域活性

 今年5月の伊勢志摩サミット開催を控えた三重県。伊勢神宮などの名所があることで知られる同県が「日本全国でどのようなイメージを持たれているか」を調査し、その結果が10日に発表された。

 この調査は全国の20代から50代の男女1750人を対象にしたもの。1月29日から2月1日にかけて、インターネットを通してアンケートを行った。

 調査では「牛肉がおいしい・有名な都道府県は?」「ブランド牛が食べられる都道府県は?」「最高級のお肉の産地の都道府県は?」といった牛肉に関する質問で、すべて三重県が1位を獲得。どの問いでも2位の兵庫県を倍以上引き離し、同県の「松阪牛」ブランドが全国で認知されている現状が明らかとなった。

 また「海老がおいしい・有名な都道府県は?」との問いにおいても、三重県が1位を獲得(2位は北海道)。「伊勢海老」の産地としての浸透が調査結果に表れた。

 さらに、食べ物だけでなく「訪れたいパワースポットがある都道府県は?」「モータースポーツの聖地がある都道府県は?」といった質問でも三重県が1位を獲得。伊勢神宮や熊野古道、鈴鹿サーキットの存在も、三重県の大きなインパクトとなっていることが明らかになっている。

 伊勢志摩サミットの開催まで100日余り。国内外から多くの人の来県が予想され、三重県では各産業で盛り上がりの期待が高まっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  4. チケット販売のぴあ、みなとみらい21地区に1万人規模の大型コンサートアリーナを建設!

  5. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  6. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  9. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  10. 「高校野球」が教えてくれる、サービス業型産業の成長性

アクセスランキングをもっと見る

page top