無人機ドローン関連ビジネスが続々、専用練習場が今春登場! 画像 無人機ドローン関連ビジネスが続々、専用練習場が今春登場!

インバウンド・地域活性

 無人機ドローンについて、飛行区域を示す地図やレンタルサービスなど、さまざまな関連ビジネスが登場している。操縦者をサポートするものも増え、操縦方法などを指導する教科書や講習のほか、操縦技術などを認定する検定試験も始まった。

 そんな中、ファナティックは9日、ドローンの操縦訓練専用の練習場「ブーメラン」を、4月中に開設すべく準備を進めていることを発表した。

 開設予定地は宮城県内で、東北自動車道の大和インターチェンジから4キロの大和町落合。1080坪の広大な敷地で、操縦訓練はもちろん、ドローン本体やパーツ、アプリの開発などに向けたテスト飛行や、研究目的での飛行データの収集など、さまざまな目的に対応する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

    東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  9. 「新分野に売って出る」大木工藝社長・大木武彦氏…炭素技術のヘルスケア製品

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top