無人機ドローン関連ビジネスが続々、専用練習場が今春登場! 画像 無人機ドローン関連ビジネスが続々、専用練習場が今春登場!

インバウンド・地域活性

 無人機ドローンについて、飛行区域を示す地図やレンタルサービスなど、さまざまな関連ビジネスが登場している。操縦者をサポートするものも増え、操縦方法などを指導する教科書や講習のほか、操縦技術などを認定する検定試験も始まった。

 そんな中、ファナティックは9日、ドローンの操縦訓練専用の練習場「ブーメラン」を、4月中に開設すべく準備を進めていることを発表した。

 開設予定地は宮城県内で、東北自動車道の大和インターチェンジから4キロの大和町落合。1080坪の広大な敷地で、操縦訓練はもちろん、ドローン本体やパーツ、アプリの開発などに向けたテスト飛行や、研究目的での飛行データの収集など、さまざまな目的に対応する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 富裕層インバウンドの法則その2

  5. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

アクセスランキングをもっと見る

page top