無人機ドローン関連ビジネスが続々、専用練習場が今春登場! 画像 無人機ドローン関連ビジネスが続々、専用練習場が今春登場!

インバウンド・地域活性

 無人機ドローンについて、飛行区域を示す地図やレンタルサービスなど、さまざまな関連ビジネスが登場している。操縦者をサポートするものも増え、操縦方法などを指導する教科書や講習のほか、操縦技術などを認定する検定試験も始まった。

 そんな中、ファナティックは9日、ドローンの操縦訓練専用の練習場「ブーメラン」を、4月中に開設すべく準備を進めていることを発表した。

 開設予定地は宮城県内で、東北自動車道の大和インターチェンジから4キロの大和町落合。1080坪の広大な敷地で、操縦訓練はもちろん、ドローン本体やパーツ、アプリの開発などに向けたテスト飛行や、研究目的での飛行データの収集など、さまざまな目的に対応する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

    【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. パリに勝てるか? カジノはどうなる? 大阪府ら25年万博誘致へ

  7. 富裕層インバウンドの法則その2

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

アクセスランキングをもっと見る

page top