戸田建設と西松建設、低炭素型コンクリ開発、CO2排出量7割減 画像 戸田建設と西松建設、低炭素型コンクリ開発、CO2排出量7割減

インバウンド・地域活性

 戸田建設と西松建設は8日、低炭素型のコンクリートを共同で開発したと発表した。製鉄所の副産物である高炉スラグ微粉末をセメントの代替として積極的に活用。セメント質量の70~90%を高炉スラグ微粉末に置換することで、一般のコンクリートに比べ、コンクリート製造時の二酸化炭素(CO2)排出量を70%程度削減できるという。マスコンクリート構造物で温度ひび割れの発生リスクを低減させることができるのも特徴だ。
 近年、地球温暖化対策の一環として、各分野でCO2排出量の削減に向けた取り組みが進められている。建設分野でも環境負荷の少ない構造物の実現を目指し、低炭素型のコンクリートが注目を集めている。
 共同開発した低炭素型コンクリートは「スラグリート」という名称。スラグ置換率は、日本工業規格(JIS)製品である一般の高炉セメントが40%程度なのに対し、70~90%と高く、セメント使用量をさらに少なくできる。
 高炉スラグ微粉末を大量に使った場合でも、専用の特殊化学混和剤を加えることで、所要のワーカビリティー(施工性)を確保することが可能。強度発現性能や耐久性能も一般のコンクリートと同等以上という。
 同一環境条件下の橋脚でスラグリートと一般のコンクリートによる温度ひび割れ発生リスクを比較した結果、スラグリートは一般のコンクリートに比べ発熱量が小さく、温度ひび割れ発生リスクが低いことを確認した。
 コンクリートの値段は、生コンクリート工場の設備やスラグ製鉄所からの距離などによって変動するが、スラグ置換率70%程度の場合、一般のコンクリートとほぼ同額としている。
 土木研究所との共同研究の成果として、設計・施工マニュアル案も作成した。設計・施工マニュアル案は、「低炭素型セメント結合材の利用技術に関する共同研究報告書(V)」として、土木研究所のホームページ(http://www.pwri.go.jp/jpn/about/pr/pwri-db/index.html)で公表している。

戸田建設、西松建設/低炭素型コンクリ開発/高炉スラグ使用、CO2排出量7割減

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. ~インバウンド向けホステル浸透中!:3~開業リフォームに使える補助制度

  6. 日立機材、小型・高性能なパネル型制震用鋼板ダンパー発売

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

  8. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  9. フランス語? 日本語とは思えない……宮崎県小林市が方言でPRムービー

  10. 豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

アクセスランキングをもっと見る

page top