愛知県春日井市、高蔵寺リ・ニュータウン計画案策定 画像 愛知県春日井市、高蔵寺リ・ニュータウン計画案策定

インバウンド・地域活性

 愛知県春日井市は、高蔵寺ニュータウンの再生へ向けた未来プラン「高蔵寺リ・ニュータウン計画(案)」をまとめた。入居開始から約50年を経過、山積している課題に対応するため、今後10年間で取り組むプロジェクト・施策を明示した。先導的主要プロジェクトには、旧藤山台東小学校を活用した多世代交流拠点整備、JR高蔵寺駅周辺の再整備などを盛り込んだ。
 わが国三大ニュータウンの一つとして、日本住宅公団(現都市再生機構)によって開発された「高蔵寺」は、18年に街開き50周年を迎える。約702ヘクタールの丘陵地に緑豊かな居住環境を形成しているものの、世代の高齢化、人口減少、空き家増加、インフラの老朽化などの課題が浮き彫りになっている。
 このため市は、都市再生機構中部支社らと連携し、有識者や地域住民などで構成する「未来プラン策定検討委員会」(会長・瀬口哲名古屋市立大名誉教授)を昨年7月に立ち上げ、再生へ向けた計画づくりを進めてきた。
 計画(案)によると、再生によって「ふるさとでありながら、新たな価値を提供し続けるまち」を目指す。基本理念には▽成熟した資産の継承▽公共施設・生活利便施設の集約化とネットワークの構築▽暮らしと仕事の多様性確保▽住民・事業者・市の協働推進▽持続可能な都市経営の仕組み構築▽周辺・広域との連携強化▽街の新たなブランド力創造と発信-を掲げた。
 25年の目標値は、人口4万8000人(15年4月現在4万5217人)、子育て世帯25%(同19・7%)。
 具体的な施策では、2年以内に着手する先行プロジェクトとして、統合により空いた旧藤山台東小学校施設の活用と、民間活力を導入したJR高蔵寺駅周辺の再整備を挙げた。
 旧藤山台東小学校の活用では、多世代が交流する拠点へ再生する。具体的には図書室、児童館、地域包括支援センター、コミュニティーカフェなどを設け、運動場や体育館を市民向けに開放する。また、近接敷地に保育園の移転も検討する。
 JR高蔵寺駅周辺の再整備では、ニュータウンや周辺地区の玄関口としての魅力づくりを推進する。北口周辺については、バスと送迎車を分離する駅前広場の改善、商業・サービス機能の強化、小規模保育所等の検討、老朽化した駐輪場の更新を図る。
 南口周辺では、待車場の改善、老朽化した駐輪場の更新のほか、公民の敷地を含めた整備のあり方も検討する。南北を結ぶ地下道については、空間の高質化、情報発信機能の強化を進める。
 二つの先行プロジェクトに続く施策では、高蔵寺駅とセンター地区を交通拠点として充実させ、さらに東西2カ所にサブ交通拠点を新設し、これらをつないで快適移動ネットワークを構築する。移動手段はバスが中心になるが、デマンド交通、パーソナルモビリティなどの導入も図る。
 センター地区では、交通結節機能の強化に合わせ、商業・サービス施設を配置、魅力を高める。また、トランジットモール、立体横断施設を整備し、歩行者動線を充実させる。
 高森台地区をモデルにスマートウェルネスを目指した団地再生を推進し、ニュータウン全域への波及を図る。
 このほか、住宅・土地の流通促進、環境の保全・創造、身近な買い物環境の整備、既存資産の有効活用などにも取り組む。
 今後、計画(案)について市民から意見を募り、3月に成案を作成、16年度から実行に移す。

愛知県春日井市/高蔵寺リ・ニュータウン計画案策定/交流拠点と駅周辺整備に先行着手

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

    東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

  4. 東京都港区立科学館整備、虎ノ門の複合施設内に/プラネタリウムホールも

  5. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  6. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  7. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  8. JR宇都宮駅東口地区整備方針/コンベンション施設や商業施設整備を

  9. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  10. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

アクセスランキングをもっと見る

page top