JALの空港カウンターで対話型ロボットがお出迎え!? 画像 JALの空港カウンターで対話型ロボットがお出迎え!?

IT業務効率

 日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は8日、空港でヒト型ロボットを活用した案内受付サービスの実証実験を行うと発表した。

 同実験は、JALインフォメーションカウンターでヒト型ロボットとデジタルサイネージ(電子看板)を連動させ、空港施設の案内、航空機の運航状況、行き先の天候・口コミ情報などを対話形式で客に提供するものだ。

 また、保安検査場前にいる空港スタッフが装着したスマートウォッチと、JALインフォメーションカウンターのロボットが連携。締め切り時刻が迫るとそれをロボットが空港スタッフへ通知する一方、締め切り時刻のアナウンスを空港スタッフがロボットへ通知する。

 ロボットは日本語のほか英語や中国語にも対応し、訪日外国人客への応対も可能。実施場所は、羽田空港第1旅客ターミナルビル南ウィングのJALインフォメーションカウンターと保安検査場Cの前。期間は9~11日・16~18日の計6日間。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

  6. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  7. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  8. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  9. サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化

  10. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top