三菱重工営業増益…交通・輸送と防衛・宇宙セグメントが好調 画像 三菱重工営業増益…交通・輸送と防衛・宇宙セグメントが好調

マネジメント

三菱重工業が発表した2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算は、経常利益が前年同期比7.1%減の1748億円と減益となった。

売上高は同5.6%増の2兆8326億円と増収となった。交通・輸送、防衛・宇宙、機械・設備システム、エネルギー・環境の全セグメントで増収となった。交通・輸送は民間航空機、防衛・宇宙は防衛、機械・設備システムはターボチャージャーがそれぞれ増収となった。

営業利益は交通・輸送、防衛・宇宙が好調で同8.0%増の1853億円と増益だった。

純利益は客船事業関連損失や事業構造改革費用などの特別損失を計上、同25.0%減の533億円となった。

通期業績見通しは交通・輸送の売上高減少が見込まれるため、前回予想より1000億円マイナスの4兆1000億円に下方修正した。

利益はエネルギー・環境が不具合対策費用が増加したため、営業利益が前回予想より200億円マイナスの3000億円、経常利益が300億円マイナスの2700億円に下方修正した。四半期純利益は客船事業関連損失を特別損失として計上したため、400億円マイナスの900億円となる見通し。

三菱重工、交通・輸送と防衛・宇宙セグメントが好調で営業増益…2015年4-12月期決算

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

    外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

  2. 佐藤工業、新社長就任…社員と職人の技術力融合で成果めざす

    佐藤工業、新社長就任…社員と職人の技術力融合で成果めざす

  3. 中小企業の利用も拡大中……マイナンバー対策など牽引で国内の企業向け研修サービスが拡大傾向

    中小企業の利用も拡大中……マイナンバー対策など牽引で国内の企業向け研修サービスが拡大傾向

  4. 労働者1人あたりの生産量、2014年度は5年ぶり下落

  5. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

アクセスランキングをもっと見る

page top