三菱重工営業増益…交通・輸送と防衛・宇宙セグメントが好調 画像 三菱重工営業増益…交通・輸送と防衛・宇宙セグメントが好調

マネジメント

三菱重工業が発表した2015年4-12月期(第3四半期)の連結決算は、経常利益が前年同期比7.1%減の1748億円と減益となった。

売上高は同5.6%増の2兆8326億円と増収となった。交通・輸送、防衛・宇宙、機械・設備システム、エネルギー・環境の全セグメントで増収となった。交通・輸送は民間航空機、防衛・宇宙は防衛、機械・設備システムはターボチャージャーがそれぞれ増収となった。

営業利益は交通・輸送、防衛・宇宙が好調で同8.0%増の1853億円と増益だった。

純利益は客船事業関連損失や事業構造改革費用などの特別損失を計上、同25.0%減の533億円となった。

通期業績見通しは交通・輸送の売上高減少が見込まれるため、前回予想より1000億円マイナスの4兆1000億円に下方修正した。

利益はエネルギー・環境が不具合対策費用が増加したため、営業利益が前回予想より200億円マイナスの3000億円、経常利益が300億円マイナスの2700億円に下方修正した。四半期純利益は客船事業関連損失を特別損失として計上したため、400億円マイナスの900億円となる見通し。

三菱重工、交通・輸送と防衛・宇宙セグメントが好調で営業増益…2015年4-12月期決算

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 埼玉県川口市、「新庁舎建設基本設計・1期棟実施設計等業務」を山下設計に委託

    埼玉県川口市、「新庁舎建設基本設計・1期棟実施設計等業務」を山下設計に委託

  2. 「不動産会社から相手にされない物件」を売るウェブサービス登場

    「不動産会社から相手にされない物件」を売るウェブサービス登場

  3. 竹中工務店15年12月期、売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復

    竹中工務店15年12月期、売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復

  4. 人口減・消費増税、政府・業界はどうあるべきか…自工会池会長

  5. 手間とコストを削減! 個人事業主向け振込代行サービスが登場

  6. 本日の新聞から:新興国戦略で一致? トヨタ、ダイハツ子会社化

  7. 「ジャパンブランド」の活性化を図る一大プロジェクトがスタート

  8. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  9. 郵政vsヤマト・佐川、熾烈なメール便戦争に勝者はいるのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top