【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

インバウンド・地域活性

ファーマーズ・フォレスト 代表取締役社長の松本謙氏
  • ファーマーズ・フォレスト 代表取締役社長の松本謙氏
  • 道の駅内にあるマーケット「あおぞら館」
  • 道の駅うつのみや ろまんちっく村
  • 園内のビール工房「クラフトブルワリー」。地元の麦、ホッブ、麦芽を使ったビール造りに挑戦する
  • 大谷採石場跡地での地底探検ツアー
 道の駅は全国で1000か所を超えるが、その多くはドライブインのような通過型の拠点施設。しかし、その概念を打ち破り、目的滞在型として注目されている施設がある。東北自動車道宇都宮ICから車で5分の場所にある「道の駅うつのみや ろまんちっく村」。元々は96年に市制100周年記念事業として、市の予算を使って設立した農林公園だった。

 しかし、当初第三セクターに任せていた経営が悪化したことで、市では指定管理者制度を導入。公募に応じたのが、ファーマーズ・フォレスト 代表取締役社長の松本謙氏だった。

■地域のモノコト、栃木ブランドで何でも売ります

 松本氏はかつて施設運営コンサルティング事業として、さいたまスーパーアリーナや六本木ヒルズなどの運営立上げを手掛けてきた。その中で、感じるようになったのが、ハード依存による運営への限界。地域密着型の拠点施設では、ソフト事業の仕組み作りが重要になる。その思いから新たに生み出されたコンセプトが“地域商社”だった。

 これは、地域に関する“モノ”や“コト”を集め、それらを丸ごと売り込もうというコンセプト。地域発信型の商品やサービスにおいて、自らが販路や広告メディアとなることで出口戦略を担うのが地域商社の役割だ。

 農林公園の事業を引き継いだのも、地域商社の拠点としてのポテンシャルを感じたからだという。広さ46ヘクタールという広大な敷地の中には、市の特産品を集める直売所があり、プールや温泉施設、宿泊施設、体験農場といった観光客を呼ぶアクティビティもある。こららを活かせば、地域内外のゲートウェイとして、地域経済を循環させるハブとしての役割を担えるのではないだろうか?

 こうして、松本氏は農林公園の運営会社として、07年に株式会社ファーマーズ・フォレストを設立。翌年には解体した第三セクターから全事業を引き継ぎ、地域商社としての第一歩を踏み出す。

《丸田鉄平/H14》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

    【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  2. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

    レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  3. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  4. おにぎりが人気! 米の中食需要、前年比5%増

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  7. 【爆買いの次に来るもの:1】まだ続く中国人の消費パワー

  8. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  9. 【新宿つな八(後編)】国を越える“つな八イズム”

  10. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top