社長の健康促進で中小企業を元気に、横須賀商工会議所の健康プログラム 画像 社長の健康促進で中小企業を元気に、横須賀商工会議所の健康プログラム

人材

 神奈川県ではCHO(健康管理最高責任者)制度によって、健康経営の推進に取り組んでいる。その一環として横須賀商工会議所が行っているのが、ゴルフピラティスを取り入れた健康プログラムだ。

 これは、中小企業の健康経営に取り組む中で、その代表者の健康状態に注目したもの。会頭の平松廣司氏によると、同会議所では社長が健康に会社を経営できるよう、まずは議員たちの中で“歩く”ことを推進したという。

「ところが、これが全然上手くいかない。会議所の議員は社長ばかりなので、車に乗っているか、デスクで事務をしているかで、なかなか歩く機会を増やせなかったんです」

 そこで注目したのが、歩く機会として全員に共通していたゴルフだった。この回数を増やすことで、自然と歩く距離を伸ばしていく。そのために始めたのが、今回取り組んでいるプログラムだったという。15年の12月にはインストラクターを呼び、まずは体幹を鍛えるための運動について指導を受けた。

 この運動を2か月間に渡って議員達が続ける一方で、スタジオでのスイングレッスンも並行して実施。その総括として翌2月に行われたのが、プロを呼んでのラウンドレッスンだった。

「私も年なのでドライバーについては諦めていた部分があったのですが、日々のトレーニングとプロのレッスンで、若いころの距離をある程度まで取り戻せました。こうして実際に成果が見える機会があるというのは、モチベーションの上で大きなプラスになったと思います」

 これについては、副会頭の渡辺治夫氏も実感できる部分があったという。例えば、運動の一つにポールを持ち上げる動きがあるが、これが思いのほかにキツかった。それが続けるうちに慣れてきて、今ではその疲れ具合が体調を知るための、一つのバロメーターになっているという。

「ピラティスと並行して、全員が万歩計をつけるようになり、歩数を気にするようにもなりました。今では食事のカロリーを計算するなど、以前よりも健康に対する意識は深まったと思います」

 横須賀商工会議所では今後、何らかの形で中小企業の社長に向けて、“歩く”という行動を推進していくという。社長とゴルフ、その相性の良さは、新たな健康促進につながっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

    ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

  2. 地方と企業の悩み交換、引き受けます

    地方と企業の悩み交換、引き受けます

  3. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  4. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

  5. ~社内コミュニケーションの秘訣~不良を優等社員に変えた教育

  6. ~社歌コン 応募社の横顔:18~農業の未来を歌で問う-千葉の農業法人

  7. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  8. ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

  9. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

  10. 「高齢化が日本農業の問題だ」は本当か?

アクセスランキングをもっと見る

page top