空調衛生の重要性知って…工業系高校の校長向け見学会実施 画像 空調衛生の重要性知って…工業系高校の校長向け見学会実施

インバウンド・地域活性

 建物の維持に必要不可欠な空調衛生設備を知ってもらおうと、兵庫県空調衛生工業協会(山口敬三会長)は2日、県内の工業系高校の校長を対象に見学会を開いた。若者の入職を促すには進路指導する学校側の理解が必要と判断し、県の協力を得て実現した。19校の校長が参加した。
 見学会は本年度に設置した未来ビジョン委員会(高井豊司委員長)が企画。山口会長は「世の中の設備工事に対する認知度はまだまだ低い。先生方に仕事の内容を知ってもらい、生徒や親にアピールしてほしい。建物は設備がないと機能は発揮されない。命の息吹を与えるのが仕事だ」と話した。
 同委員会委員の井戸裕之理事は「われわれ業界は職業選びで選択肢に入っていない」と現状を嘆きつつ、「地図に残り、『ありがとう』と言われる誇りとやりがいのある仕事だ。一人前にするためにしっかり応援する」と訴えた。
 見学したのは、兵庫県庁の北側にある県災害対策センター(神戸市中央区)。最初に地下1階のボイラー室と空調機械室を訪れ、担当者から冷温水機や消火設備などの説明を受けた。最上階の機械置き場では冷却塔などを見て回った。
 県工業高校校長会の小河徹会長(県立兵庫工業高校校長)は「建物には設備が必ずあることを実感した。今後もインターンシップ(就業体験)などでお世話になりたい」と話した。

兵庫空衛協/県立工高校長対象に見学会開く/校長19人参加、技術者の仕事紹介

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

    水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  2. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  5. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  6. ■ニュース深掘り!■中野から考える、都市部の駅前再開発

  7. 北海道財務局、札幌・琴似住宅跡地売却の入札公告。12月20日まで参加受付

  8. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top