被災3県らの入札不調発生率が改善、円滑化施策が奏功 画像 被災3県らの入札不調発生率が改善、円滑化施策が奏功

インバウンド・地域活性

 国土交通省は、東日本大震災の被災3県(岩手、宮城、仙台)と仙台市が発注する工事の入札で、不調・不落発生状況の最新データをまとめた。15年4~12月の発生率は16・4%。前年同期の21・6%に比べて5・2ポイント低下した。公共工事設計労務単価の機動的な引き上げや最新の施工実態を踏まえた積算基準の見直しなど、国交省が相次いで打ち出した施工確保対策が奏功したようだ。発注件数が全体で1割程度減っていることも低下の要因とみられる。
 県・市別に発生率を見ると、岩手が10・2%(前年同期20・7%)、宮城が21・7%(21・8%)、福島が15・7%(20・7%)、仙台が20・7%(24・9%)。
 3県と仙台市の全体の発生率は12、13年度に21・7%の高い数値が2年続き、その後低下に転じた。岩手は、13年8月の内陸豪雨災害の復旧工事もあって13、14年度に高い発生率が続いていた。
 全国ベースの発生率は、本年度上期(4~9月)が4・0%で、前年同期の5・9%に比べて1・9ポイント低下している。
 国交省は、全国的に課題となっていた不調・不落の発生を改善しようと、14年2月に「公共工事の円滑な施工確保対策」を打ち出し、地方自治体に各種の取り組みを促してきた。その後も繰り返し改善策を講じ、先月22日には15年度補正予算の成立に合わせ、総務省と連名で「公共工事の円滑な施工確保について」と題した通知を出した。
 不調発生率の低下は、これら対策の効果とみられる。
 不調が発生した案件の多くも、再発注時のロットの大型化や実態を反映した予定価格の見直しなどを経て契約に至っており、「被災地の復興事業が遅れるようなことはないと考えている」(入札制度企画指導室)としている。

被災3県・仙台市で入札不調発生率改善/4~12月、前年比5・2ポイント減/国交省

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 神奈川大学「みなとみらいキャンパス」、街と大学がつながる都市型を構想

    神奈川大学「みなとみらいキャンパス」、街と大学がつながる都市型を構想

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  5. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  6. 【田舎にもっと外貨を!:2】日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

  7. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  8. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  9. 名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城!

  10. 東京駅前開発の大規模プロジェクト!国家戦略特区も!!

アクセスランキングをもっと見る

page top