野菜や花100種以上栽培、岡山市の高校生兼業農家 画像 野菜や花100種以上栽培、岡山市の高校生兼業農家

インバウンド・地域活性

 岡山市北区の今井優成さん(17)は、県立高松農業高校(岡山市)に通いながら野菜や花を直売所に出荷する“兼業農家”だ。中学1年生から農業を始め、今は年間100種以上を育て、月15万円を売り上げる時もある。遊ぶ暇なく農作業に明け暮れる姿に「働き過ぎだから休めと言うと、怒るくらい農業が好き」と家族も感心するほど。「野菜に囲まれている生活が楽しい」と今井さんは農業に没頭する日々を送る。
 母の実家は、同市牧石地区で特産「牧石青ネギ」を栽培する農家。幼いころから祖父母が農業をする姿を見て育ち、「いつの間にか農業が好きになっていた」(今井さん)。小学生のときから手伝いを始め、中学生になると収穫した1日当たり6000本のネギを7等級に選別できるようになった。

年100種以上栽培 野菜に囲まれ「楽しい」
 転機は、新聞に入っていたちらしだった。市内に新設された直売所の出荷者を募集していた。「自分の野菜を出荷したい」と思い立ち、祖父の津田勲さん(69)に直談判。10アールの畑を借りた。津田さんは「初めこそ肥料のやり方などを教えたが、今は全部一人でこなす。逆に新しい野菜を教えてもらうようになった」と喜ぶ。

 作付面積も20アールほどに増え、通学前の朝5時から1時間と、夏は帰宅してから深夜まで、土・日曜日もほとんどが作業という農業漬けの日々だ。

 昨年8月にはジュニア野菜ソムリエの資格を取得。受講費約15万円は直売所の売上金をためて払った。ソムリエ仲間の紹介で、昨年11月からはJR岡山駅前のイオンモール岡山内の直売所「おばあちゃんの台所」にも野菜を出荷する。

 同店の福井由美店長は「お客さんは高校生が頑張っているから買うというのではなく、品質の良さで買っていく。大人顔負け」と驚く。ニンジンにほれ込み、出荷されるまで店で30分待ったという女性もいるという。多い月は1000袋、計15万円を売り上げる。

 今は農高2年生として、農産物の流通などについて学ぶ。将来は大学に進学して野菜の育種を学び、農業高校の教諭を目指す。農家レストランを併設した農業体験型テーマパークを開くという夢もある。

 「自分の作った野菜をおいしいと言ってもらえるのが一番うれしい」。今井さんは笑顔を見せる。(柳沼志帆)

直売の達人 “兼業農家”は高校生 岡山県立高松農高2年生 今井優成さん

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  4. 富裕層インバウンドの法則その5

  5. 富裕層インバウンドの法則その8

  6. 富裕層インバウンドの法則その3

  7. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  8. 富裕層インバウンドの法則その1

  9. 富裕層インバウンドの法則その2

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top