40代フリーターが“なぜか”若者の就業応援、厚労省が特設サイトでPR 画像 40代フリーターが“なぜか”若者の就業応援、厚労省が特設サイトでPR

インバウンド・地域活性

 厚生労働省が運営する若年無業者の職業定着支援事業「地域若者サポートステーション」、通称サポステが、特設サイトでオリジナルコンテンツ「本気ミッション」をスタートさせた。

 サポステは全国の都道府県160か所に設置されている若者の就職支援機関。働くことに踏み出せない若者らの相談に乗り、セミナーや職場体験、就職に向けた情報の提供などを行っている。

 現在特設サイトでは映画化もされたマンガ『俺はまだ本気出してないだけ』の主人公・大黒シズオを広報キャラクターにし、「キミはまだ本気出してないだけ。」というキャッチフレーズで展開を行っている。大黒シズオは40代のフリーターというキャラクター。40歳で仕事を辞め、突然マンガ家になることを決意し、アルバイトをしながら夢を追う(?)生活に入った。

 今回追加されたコンテンツ「本気ミッション」も大黒シズオをモチーフにしたもの。ニックネームを入力してボタンを押すとシズオの分身である「カミ」が、その日こなすべき3つのミッションを授けてくれる。ミッションは「易」「並」「難」「爆」の4レベルが基本で、さらに高難度の「神」レベルも用意されている。出されるミッションは「5億円の使いみちを考える」「JALとANAを見分ける」など合計73種類。

 厚生労働省は40代フリーターというキャラクターだからこそ「若者の応援団の立場で語ることができる」という思いを込めているとしており、「真っ先に、私たち厚生労働省自らが『本気』で取り組んでいきたいと思っています」とコメントを発表している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

    2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  2. 中野駅ビル計画、見直し検討へ?

    中野駅ビル計画、見直し検討へ?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

  5. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  6. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  7. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  8. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. “訳あり”農産物の販路拡大/「もったいない!」、消費者も「共感」

アクセスランキングをもっと見る

page top