国産地下足袋、海外へ…OEMから自社製品立ち上げで 画像 国産地下足袋、海外へ…OEMから自社製品立ち上げで

インバウンド・地域活性

 【神戸】高砂産業(兵庫県高砂市、加古陽一社長、079・448・2051)は、地元兵庫や大阪、奈良の外部専門家との広域連携により、地下足袋の自社製品に力を入れる。現在はOEM(相手先ブランド)供給が主体だが、外部デザイナーの協力を得て立ち上げた自社ブランド「wamon(倭紋)」の商品アイテムを拡充。インターネット販売などで海外へも売り込む。当面は自社商品で年間1000足の販売を目指す。

 自社ブランドの推進は、約3年前から外部の専門家を入れたプロジェクトとして取り組んできた。同社とデザイン会社Kram Design(奈良県天理市)の酒井麗代表、但陽信用金庫(兵庫県加古川市)、神戸商工会議所の川上・川下事業担当コーディネーターが関わる。

 2015年に海外販売も想定した「和モダン」の商品コンセプトを決定。現時点でwamonブランドの地下足袋は15アイテムで、ネット販売も始めた。

 また専門教育機関の大阪市立デザイン教育研究所(大阪市阿倍野区)とコラボレーションし、学生デザインの4アイテムも今春めどに商品化する。地下足袋の価格はすべて1足7992円(消費税込み)で統一した。

 高砂産業は中国生産が多い地下足袋を国内生産する数少ないメーカー。品質を重視し、ほとんどの工程を手作業で行い、年1万8000足を生産する。同社の加古社長は「国内生産の地下足袋にこだわり、今後は自社商品のバリエーションを広げたい」としている。

ひそかなブーム?和モダン地下足袋、世界に踏み出す

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

    千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  3. 横浜市中区の市庁舎移転新築、DB方式で竹中工務店JVに

    横浜市中区の市庁舎移転新築、DB方式で竹中工務店JVに

  4. 岩手・大船渡港でバイオマス混焼石炭火力発電所建設へ

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  6. 神奈川大学「みなとみらいキャンパス」、街と大学がつながる都市型を構想

  7. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  8. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  9. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  10. 建設業の人や建造物撮る「夢けんせつフォトコン」入賞作決定

アクセスランキングをもっと見る

page top