マツダ ボンゴ シリーズ…積載量アップや燃費改善 画像 マツダ ボンゴ シリーズ…積載量アップや燃費改善

インバウンド・地域活性

マツダは、『マツダ ボンゴバン』『マツダ ボンゴトラック』を商品改良し、2月12日より販売を開始する。

今回の商品改良では、燃費性能を向上させ、全車が「平成27年度燃費基準」を達成し、エコカー減税の対象となった。また、最大積載量もアップ。前モデルの750kg~1000kgに対し、商品改良車は全車1000kg以上(2名乗車時)となった。

自動変速機は、前モデルでは4速だったが、商品改良車では5速(5EC-AT)を採用し、燃費性能を高めるとともに、登坂路や低速での走行時にも扱いやすくスムーズな走りを実現。さらに、4輪ABSを全車に標準装備した。

デザイン面では、ボディと同色のバンパーを採用しスタイリッシュな外観としたほか、内装もシート色をブラックとグレーの2トーンにするなど、質感を高めている。

価格はボンゴバンが188万1360円から239万9760円。ボンゴトラックが175万3920円から220万6440円。

マツダ ボンゴ シリーズ、一部改良…積載量アップや燃費改善

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 石巻地域おこしレンタカーで復興支援/日本カーシェアリング協会

    石巻地域おこしレンタカーで復興支援/日本カーシェアリング協会

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  6. 東京メトロが駅周辺連携プロジェクト、門前仲町ほか3駅で再開発検討/地元への提案活動強化

  7. 潮見ランドパーク、東京都江東区に大型ホテル建設/観光、ビジネス双方の利用を見込む

  8. 羽田空港跡地第1ゾーン基盤施設基本設計、建設技術研究所に

  9. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  10. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

アクセスランキングをもっと見る

page top