マツダ ボンゴ シリーズ…積載量アップや燃費改善 画像 マツダ ボンゴ シリーズ…積載量アップや燃費改善

インバウンド・地域活性

マツダは、『マツダ ボンゴバン』『マツダ ボンゴトラック』を商品改良し、2月12日より販売を開始する。

今回の商品改良では、燃費性能を向上させ、全車が「平成27年度燃費基準」を達成し、エコカー減税の対象となった。また、最大積載量もアップ。前モデルの750kg~1000kgに対し、商品改良車は全車1000kg以上(2名乗車時)となった。

自動変速機は、前モデルでは4速だったが、商品改良車では5速(5EC-AT)を採用し、燃費性能を高めるとともに、登坂路や低速での走行時にも扱いやすくスムーズな走りを実現。さらに、4輪ABSを全車に標準装備した。

デザイン面では、ボディと同色のバンパーを採用しスタイリッシュな外観としたほか、内装もシート色をブラックとグレーの2トーンにするなど、質感を高めている。

価格はボンゴバンが188万1360円から239万9760円。ボンゴトラックが175万3920円から220万6440円。

マツダ ボンゴ シリーズ、一部改良…積載量アップや燃費改善

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

    地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. ■ニュース深掘り!■訪日客、次のゴールデンルートを探せ!

    ■ニュース深掘り!■訪日客、次のゴールデンルートを探せ!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  8. 中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

  9. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top