マツダ ボンゴ シリーズ…積載量アップや燃費改善 画像 マツダ ボンゴ シリーズ…積載量アップや燃費改善

インバウンド・地域活性

マツダは、『マツダ ボンゴバン』『マツダ ボンゴトラック』を商品改良し、2月12日より販売を開始する。

今回の商品改良では、燃費性能を向上させ、全車が「平成27年度燃費基準」を達成し、エコカー減税の対象となった。また、最大積載量もアップ。前モデルの750kg~1000kgに対し、商品改良車は全車1000kg以上(2名乗車時)となった。

自動変速機は、前モデルでは4速だったが、商品改良車では5速(5EC-AT)を採用し、燃費性能を高めるとともに、登坂路や低速での走行時にも扱いやすくスムーズな走りを実現。さらに、4輪ABSを全車に標準装備した。

デザイン面では、ボディと同色のバンパーを採用しスタイリッシュな外観としたほか、内装もシート色をブラックとグレーの2トーンにするなど、質感を高めている。

価格はボンゴバンが188万1360円から239万9760円。ボンゴトラックが175万3920円から220万6440円。

マツダ ボンゴ シリーズ、一部改良…積載量アップや燃費改善

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

    見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  3. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  4. 九州一丸で輸出 JA宮崎経済連九経連が新会社

  5. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  6. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  9. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  10. 上諏訪駅東口駅前ビル、1階には 「ツルヤ」が入居

アクセスランキングをもっと見る

page top