地下でも道案内アプリ利用可能に…国交省が実証実験 画像 地下でも道案内アプリ利用可能に…国交省が実証実験

インバウンド・地域活性

 国土交通省は4日、東京の道案内情報システムを地下街でも不自由なく利用できるスマートフォン用アプリケーションの実証実験を始める。2020年東京五輪までに目的地までの最速の道順をすぐに案内してもらえるアプリを実用化し、国内外からの来訪者のスムーズな移動を助ける情報インフラ環境を整える。
 現在は地上空間にサービス提供範囲が限られている類似アプリの機能を高度化し、地下空間でも切れ目なくサービスを受けられるようにする。
 今回の実証実験は、東京駅周辺の地下街(大手町・丸の内・有楽町、銀座、八重洲の各一部)で3月6日まで行う。期間中は試行用アプリを誰でも無料でダウンロードして入手できるが、利用にかかる通信料は自己負担となる。
 16年度は実証実験の範囲を拡大。成田、羽田両空港とのアクセス鉄道の主要駅をはじめ、東京駅以外の都心ターミナル駅、東京五輪の屋内競技場でも行う予定だ。五輪で東京を初めて訪れる多くの地方在住者や外国人の利用が見込まれる鉄道駅や競技会場などを中心に選定する予定だ。
 国交省は、16年度予算案に実証実験の経費として91百万円を計上している。五輪後はアプリの全国展開を目指す。

国交省/地下街でも道案内アプリ利用可能に/2月4日から東京駅周辺で実証実験

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初

    神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初

  3. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  6. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  7. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  8. 八重洲二丁目北地区再開発、11月下旬に複合ビル/ホテルや小学校、バスターミナル

  9. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  10. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

アクセスランキングをもっと見る

page top