【回転窓】飽食社会の大量廃棄 画像 【回転窓】飽食社会の大量廃棄

インバウンド・地域活性

 カレー屋チェーンが廃棄依頼したカツの横流し問題が発覚して半月余。大きな事件もフルスピードで「消費」してしまうのが現代のマスメディア。続報の扱いもすっかり小さくなったが、もちろん問題が解決したわけではない▼横流し食品はカツ以外にもあり、業者間で転売が繰り返されて店頭にかなりの量が並んでいたそうだ。消費者のあずかり知らぬ所での「残飯市場」の存在をうかがわせる▼このニュースに、作家・ジャーナリストの辺見庸さんがかつて『もの食う人びと』でルポしたバングラデシュ・ダッカの残飯市場を思い出した。金持ちが夜ごと催すパーティーの食べ残しを専門業者がうまく加工して提供。スラムの貧民は日々、激安残飯で糊口をしのぐ▼同じ残飯市場でも、片や世界有数の飽食・グルメ大国、片や国民の多くが食うや食わずの貧困国。似て非なるとはこのことだろう。農水省の統計では、日本で食べられるのに捨てられる食品は年間642万トン。残飯市場成立の背景にはこうした大量廃棄がある▼新しいニュースもすぐ飽きて捨て去るかのようなメディアの報道ぶりが重なって見える。

回転窓/飽食社会の大量廃棄

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  8. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  9. 宮城の米新品種「だて正夢」、18年産から本格デビュー/サンドウィッチマンも応援!

  10. 海外需要を捉えて成功した日本の伝統工芸…岩鋳の南部鉄器

アクセスランキングをもっと見る

page top