【回転窓】飽食社会の大量廃棄 画像 【回転窓】飽食社会の大量廃棄

インバウンド・地域活性

 カレー屋チェーンが廃棄依頼したカツの横流し問題が発覚して半月余。大きな事件もフルスピードで「消費」してしまうのが現代のマスメディア。続報の扱いもすっかり小さくなったが、もちろん問題が解決したわけではない▼横流し食品はカツ以外にもあり、業者間で転売が繰り返されて店頭にかなりの量が並んでいたそうだ。消費者のあずかり知らぬ所での「残飯市場」の存在をうかがわせる▼このニュースに、作家・ジャーナリストの辺見庸さんがかつて『もの食う人びと』でルポしたバングラデシュ・ダッカの残飯市場を思い出した。金持ちが夜ごと催すパーティーの食べ残しを専門業者がうまく加工して提供。スラムの貧民は日々、激安残飯で糊口をしのぐ▼同じ残飯市場でも、片や世界有数の飽食・グルメ大国、片や国民の多くが食うや食わずの貧困国。似て非なるとはこのことだろう。農水省の統計では、日本で食べられるのに捨てられる食品は年間642万トン。残飯市場成立の背景にはこうした大量廃棄がある▼新しいニュースもすぐ飽きて捨て去るかのようなメディアの報道ぶりが重なって見える。

回転窓/飽食社会の大量廃棄

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

    東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  7. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  8. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  9. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  10. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

アクセスランキングをもっと見る

page top