三重県、4900円で7000円分の伊勢エビやマグロが届くPR誌 画像 三重県、4900円で7000円分の伊勢エビやマグロが届くPR誌

インバウンド・地域活性

 三重県が県の水産物や料理レシピを紹介する情報誌「三重の魚が旨い訳」を販売している。目玉は7000円分の三重県産水産物を取り寄せできる「お取り寄せ券」だ。

 「三重の魚が旨い訳」は、国の地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金を利用して発行されたもの。三重県漁業協同組合連合会が情報誌発行者となり、特設サイトや首都圏・関西圏の書店で販売している。

 価格は4900円と一見高価だが、情報誌には特典として伊勢えびや養殖まぐろ、黒のり、真珠といった三重県産の水産物7000円分を取り寄せられる「お取り寄せ券」が付いてくる。同誌の特設サイトでは、7000円相当の水産物セット26コースが用意されており、「お取り寄せ券」に記載されたシリアルコードを入力することで取り寄せが可能となる仕組みだ。

 発行部数は3000部で、3月15日まで販売。売り切れ次第終了となる。なお、取り寄せの申し込みも3月15日までなので、購入した人は忘れずに申し込みを行おう。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  2. 大分県がユニークなPR動画をまたも公開!今回はミュージカル仕立てのエンターティメント

    大分県がユニークなPR動画をまたも公開!今回はミュージカル仕立てのエンターティメント

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  6. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  7. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  8. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  9. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top