日立建機、オフロード法2014適合のホイールローダ 画像 日立建機、オフロード法2014適合のホイールローダ

インバウンド・地域活性

日立建機は、新型ホイールローダZW-5シリーズとして、ZW40-5B(運転質量3340kg)、ZW50-5B(運転質量3670kg)を3月1日から発売する。

ZW40-5B、ZW50-5Bは、特定特殊自動車(オフロード法)排出ガス2014年基準に適合したホイールローダ。

パワートレインには、実績のあるハイドロ・スタティック・トランスミッション(HST)システムを採用し、アクセルワークひとつで車両の速度をコントロールすることが可能となる。乗降口の左右にグラブハンドル(手すり)と大型ステップを装備し、乗降性を改善した。シートベルトも標準装備する。フルオープンボンネットの採用でメンテナンス性も向上した。

キャノピ仕様のほか、安全性の高いROPS/FOPSキャブをオプションで設定する。また、大きなごみが浮遊している作業環境向けに、ラジエータダストスクリーンをオプションで設定する。盗難を抑制するNSキーを標準装備し、さらに盗難抑止効果の高い電子キーロックをオプションで設定する。畜産用バケット、亜鉛メッキバケット、各種除雪プラウ、フォークなど、利用条件に応じたアタッチメントも用意する。

工場裸渡し価格はZW40-5Bが690万円(消費税別途)、ZW50-5Bが755万円(同)。

販売目標は、国内向けに合計で年間1200台を見込む。

日立建機、オフロード法排ガス2014年基準に適合した新型ホイールローダ2機種を発売へ

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 広がる宇宙ビジネスは中小企業のフロンティア…グローバル・ブレイン

  5. サンケイビル、ホテル開発を加速/新ブランドで100億円超えを目指す!

  6. 東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

  7. ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

  8. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. 五反田駅の東口に10階建ての新ビル/アトレとホテルメッツ予定

アクセスランキングをもっと見る

page top