桜の開花、九州はやや遅く東北は早く…第1回開花予想 画像 桜の開花、九州はやや遅く東北は早く…第1回開花予想

インバウンド・地域活性

 花見は行楽やレジャー商品、飲食品などの売れ行きにも影響するもの。その花見シーズン到来の参考になる、今年第1回目の桜開花予想が発表された。

 日本気象協会では今回、全国48か所のソメイヨシノの開花時期を予想。今年のソメイヨシノの開花は3月25日頃に福岡、熊本で始まり、3月31日には近畿・東海・関東南部まで桜前線が上昇する。その後は、4月上旬に北陸・東北南部で開花。桜前線が津軽海峡を渡り、北海道南部に到達するのは4月末になる見込みだ。

 桜前線の始まりとなる熊本・福岡での開花は平年並みだが、九州各地や四国では平年より3日から5日ほど遅い開花となる見込み。中国・近畿・東海・北陸・関東地方、北海道は平年並で、東北地方は平年より早い開花となると予想されている。

 桜の開花予想は2月24日に第2回が発表される。また、3月に入ってからは毎週水曜日に満開日の予想が発表される予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

    日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  3. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  4. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  7. ■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

  8. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  9. 東京都・勝どき東地区再開発、大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路を新設

  10. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

アクセスランキングをもっと見る

page top