海外進出にも商機! 農林水産物の15年輸出が過去最高 画像 海外進出にも商機! 農林水産物の15年輸出が過去最高

海外進出

 訪日外国人客をターゲットとしたインバウンドが好調だ。年間の訪日外国人客数が、2015年には過去最高の1970万人にのぼっている。

 一方で、農林水産省が2日に発表した「平成27年農林水産物・食品の輸出実績」によると、2015年の農林水産物・食品の輸出額は7452億円に。過去最高だった2014年の6117億円を21.8%も上回り、記録を更新した。

 「農林水産物・食品の国別・品目別輸出戦略(平成25年8月策定)」では、2016年に7000億円を中間目標に掲げていたが、これを1年前倒しで達成した形となる。同戦略では2020年の目標を1兆円としているが、これも前倒しで実現しそうだ。

 内訳は、農産物が4432億円で対前年比プラス24.2%、林産物が263億円で対前年比プラス24.8%、水産物が2757億円で対前年比プラス18%となっている。輸出先のトップは香港で、2位がアメリカ、3位が台湾、4位が中国、5位が韓国だった。香港、中国は対前年比30%超のプラス成長を記録しているだけに、農林水産物を中心にメイド・イン・ジャパンの海外への売り込み、アウトバウンドにも勝機がありそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 明電舎、シンガポール都市鉄道の電力設備受注/約400億円

    明電舎、シンガポール都市鉄道の電力設備受注/約400億円

  2. “新時代”の日本酒を世界へ! 洋食との相性を追求、人気高まる

    “新時代”の日本酒を世界へ! 洋食との相性を追求、人気高まる

  3. マレーシア拠点に日本企業向けアウトソーシング事業開始

    マレーシア拠点に日本企業向けアウトソーシング事業開始

  4. 日本産の紅茶、英国で評価…コンテスト入賞相次ぐ

  5. タイの自動車整備工具業界が活況! 背景には中間層の勃興

アクセスランキングをもっと見る

page top