別所哲也ときゃりーぱみゅぱみゅ、「東京ブランド」をPR! 画像 別所哲也ときゃりーぱみゅぱみゅ、「東京ブランド」をPR!

インバウンド・地域活性

 東京都は2日、三國清三氏に続く「東京ブランドアンバサダー」として、別所哲也氏、きゃりーぱみゅぱみゅ氏が就任したと発表した。

 今後、両氏は「東京ブランド」のPR映像やイベント、キャンペーンへ出演するほか、「東京ブランド」公式サイトに記事を投稿。さまざまな場面で「東京ブランド」のPRに努める。

 「東京ブランド」は、2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」の開催に向けて、またその先を見据え、旅先としての東京の魅力を海外に発信し、東京を強く印象づけるための取り組みだ。

 「伝統と革新が交差しながら、常に新しいスタイルを生み出すことで、多様な楽しさを約束する街。」というコンセプトのもと、「UNIQUE」「EXCELLENT」「EXCITING」「DELIGHT」「COMFORT」の5つをブランド価値としている。

 昨年、年間の訪日外国人客数が2000万人に迫る1970万人にのぼり、過去最高を記録しただけに、海外からの注目度が高まっている今こそ、地域ブランドを海外へ発信していきたい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

    徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  4. ~着地型観光:2~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(後編)

  5. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  8. 「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出

  9. 「フォーシーズンズホテル京都」がオープン、4年以内に沖縄も!

  10. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

アクセスランキングをもっと見る

page top