製薬会社のコールセンターに人工知能、電話の相手は「ワトソン」! 画像 製薬会社のコールセンターに人工知能、電話の相手は「ワトソン」!

インバウンド・地域活性

 木村情報技術(佐賀市)は、製薬会社のコールセンター向けに、話された問い合わせに返答するシステムの開発に乗り出す。事業化は2018年春を予定。既存顧客の製薬会社50社を中心に売り込む。

 システムは、コールセンターのオペレーターを補助する機能として用いる。よくある質問のほか、医療関連文献などを学習して答える。システム運用でコールセンターの業務を効率化できるほか、適切に回答することによる顧客満足度の向上が図れる。

 開発するのは当面、医療用医薬品向けシステムとし、その後にOTC医薬品(大衆薬)や機能性食品を扱う企業向けも開発する。将来は得られた知見を生かし、医師や薬剤師など医療従事者向け業務支援システムの構築も検討する。

 開発に生かすためソフトバンクと「IBM Watson(ワトソン)日本語版」のエコシステムパートナー契約を結んだ。「IBMワトソン」はクラウド上のデータを分析、話した言葉を理解して返答するシステムで、学習機能を持つ。

 木村情報技術は自社開発システムを用いた製薬会社向けウェブ講演会の運営や配信サービスを手がけている。木村社長は「人工知能は電話対応に適している。返答時間の短縮、質の向上に貢献できる」と意気込んでいる。

製薬会社のコールセンター、電話の相手は「ワトソン」!

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  4. ~インバウンド向けホステル浸透中!:3~開業リフォームに使える補助制度

  5. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  6. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  7. フランス語? 日本語とは思えない……宮崎県小林市が方言でPRムービー

  8. 豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

  9. ~インバウンド向けホステル浸透中!:2~今日からできる口コミ戦略!

  10. 戸越五丁目19番地区再開発/18年3月の都市計画決定を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top