日本紙パルプ商事、JPビル建替7月着工、2.9万平米複合ビルに 画像 日本紙パルプ商事、JPビル建替7月着工、2.9万平米複合ビルに

マネジメント

 日本紙パルプ商事は、東京・日本橋に他の権利者と所有するテナントビル「JPビル」の建て替え事業の本体工事を7月に始める。新設するビルは延べ床面積が2万9000平方メートルで、事務所、ホテル、商業施設の3用途を配置した複合ビルとし、設計・施工は竹中工務店が担当する。現在は誘致するホテルの選定をはじめとしたビルの詳細を詰めている段階。18年9月末の竣工を目指す。
 建て替え事業の対象地は、中央区日本橋室町3の4(敷地面積2341平方メートル)。中央通りと江戸通りの交差点に面し、中央通りを挟んで西側に「日本橋室町三丁目地区第1種市街地再開発事業」の事業用地がある。既存のJPビル(SRC造地下3階地上12階塔屋2階建て延べ2万0897平方メートル)は現在、竹中工務店の施工で解体工事が進められている。解体工期は8月中旬までの予定。
 建て替え後のビルの規模は、S造地下3階地上15階塔屋1階建てで、高さは56メートル(最高高さ68メートル)。地下1階~地上1階に商業店舗、2~7階にテナント向けのオフィスフロア、8階に設備諸室、9階以上にホテルを配置する。
 オフィス部分に日本紙パルプ商事の事務所機能が入るかどうかは未定。ホテルを運営する事業者も決まっていない。
 建て替え事業には三井不動産が事業パートナーとして参画し、プロジェクトマネジメント業務などを行っている。誘致するホテルやビルのデザインなどの詳細は、三井不が日本橋エリア全体で進めている「日本橋再生計画」に沿って検討されるとみられる。

日本紙パルプ商事/JPビル建替(東京都中央区)/7月着工、2・9万平米複合ビルに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. パシコンの長期経営ビジョン、30年に売上高1000億円以上実現へ

    パシコンの長期経営ビジョン、30年に売上高1000億円以上実現へ

  3. 建設業の倒産、15年は25年ぶり低水準に…14.1%減

    建設業の倒産、15年は25年ぶり低水準に…14.1%減

  4. 日鳶連、新年の「祝いの木遣り」を国交省で披露

  5. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  6. 家電量販店、量から質へ戦略転換? “格安”ネットと差別化

  7. 竹中工務店の1~6月期決算、売上高が7期ぶり6000億円超

  8. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  9. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  10. 「『チーズのこえ』伝えたい」…北海道の酪農家らが出資する都内のチーズ専門店

アクセスランキングをもっと見る

page top