健康経営の推進役となる新役職CWO、CHOが続々 画像 健康経営の推進役となる新役職CWO、CHOが続々

人材

 居酒屋やカフェ、リラクゼーションサロンなどを東京都内に20数店舗展開するゲイトは1日、健康経営の推進役を担う新役職としてCWO(Chief Wellness Officer=チーフウェルネスオフィサー)を設置した。

 同社ではこれまで、職住近接制度により住環境(社宅・寮・合宿所・シェアエコハウス)の整備するほか、代表が自らスタッフと個別面談を定期的に行うなど、スタッフの心身両面での健康状態の把握と維持・向上に努めてきた。今回、CWOの役職を新設することで、責任者を明確化。スタッフの健康維持と向上のための取り組みをさらに強く推進していく。

 CWOの設置例はほかにも数多く、昨年の5月、ハイヤー・タクシーの日本交通と、牛丼チェーン「吉野家」を展開する吉野家ホールディングス、経営コンサルティング会社のリンクアンドモチベーションがCWOの導入推進を発表。名称は異なるが、製薬会社のロート製薬は一昨年、CHO(Chief Health Officer=チーフヘルスオフィサー)を設置している。

 先月21日、経済産業省と東京証券取引所と共同で「健康経営銘柄2016」の25社を発表したように、健康経営への取り組みは企業価値に影響を与える。こうしたことが、CWOやCHOの設置の背景にある。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 日建連、週休2日実現へ/会員に取り組み強化再要請/統一土曜閉所を推進

    日建連、週休2日実現へ/会員に取り組み強化再要請/統一土曜閉所を推進

  2. 「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

    「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

  3. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  4. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  5. 建設コンサル大手14社/18年春採用は新卒、中途とも横ばい/19年春は9社が増員

  6. ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

  7. 日建連、キャリアアップシステム説明会スタート/技能者登録の代行申請働き掛け要請

  8. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  9. 人手不足の解決法:1 外国人留学生をスタッフに/Zoff

  10. 国交省/建設キャリアアップシステム説明会、関東地区から開始

アクセスランキングをもっと見る

page top