健康経営の推進役となる新役職CWO、CHOが続々 画像 健康経営の推進役となる新役職CWO、CHOが続々

人材

 居酒屋やカフェ、リラクゼーションサロンなどを東京都内に20数店舗展開するゲイトは1日、健康経営の推進役を担う新役職としてCWO(Chief Wellness Officer=チーフウェルネスオフィサー)を設置した。

 同社ではこれまで、職住近接制度により住環境(社宅・寮・合宿所・シェアエコハウス)の整備するほか、代表が自らスタッフと個別面談を定期的に行うなど、スタッフの心身両面での健康状態の把握と維持・向上に努めてきた。今回、CWOの役職を新設することで、責任者を明確化。スタッフの健康維持と向上のための取り組みをさらに強く推進していく。

 CWOの設置例はほかにも数多く、昨年の5月、ハイヤー・タクシーの日本交通と、牛丼チェーン「吉野家」を展開する吉野家ホールディングス、経営コンサルティング会社のリンクアンドモチベーションがCWOの導入推進を発表。名称は異なるが、製薬会社のロート製薬は一昨年、CHO(Chief Health Officer=チーフヘルスオフィサー)を設置している。

 先月21日、経済産業省と東京証券取引所と共同で「健康経営銘柄2016」の25社を発表したように、健康経営への取り組みは企業価値に影響を与える。こうしたことが、CWOやCHOの設置の背景にある。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  2. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  3. 社歌コンテスト大賞授賞式、AKB48 Team 8が会いに来た!

    社歌コンテスト大賞授賞式、AKB48 Team 8が会いに来た!

  4. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  5. 【社歌コン 応募社の横顔:8】歌が広める新ブランド-東京の運送会社

  6. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

  7. 【時事エッセイ】仮説トイレだって快適にして欲しい

  8. ゼネコン女性交流会、赤坂一丁目地区再開発工事現場で見学会

  9. 【社歌コン 応募社の横顔:24】理念経営を歌でカタチに-神奈川の美容院

  10. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

アクセスランキングをもっと見る

page top