あなたの会社の商品をアマゾンで通販できる新サービス登場 画像 あなたの会社の商品をアマゾンで通販できる新サービス登場

スマート中小企業

 アマゾンジャパンは1日、セルフ式でAmazonの仕入先として登録できる新サービス「Amazonベンダーエクスプレス」の提供を開始した。

 Amazonの仕入先は従来、バイヤーとの商談により契約を結び、価格などを決めて商品を卸してきた。同サービスはバイヤーを介すことなく、メーカーや商店等がオンライン上で仕入れ先として登録し、Amazon上に商品を掲載できるようにするもの。小規模事業者でもtがるにAmazonでビジネスを展開することが可能となる。

 利用の流れとして、メーカーや商店等は、オンライン登録を行ない、サンプル商品をAmazonへ送付することで、最短1日で卸売取引が可能。商品の仕入価格は、Amazon上の他の類似商品の価格をはじめとしたビッグデータにより決定。オンライン上で確認できる。

 商品の保管・管理のほか、販売、発送、返品、お客様からの問い合わせなどは、Amazonが24時間体制で対応。メーカーや商店等が、手間をかけずに販路拡大を図れるサービスだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/H14》

編集部おすすめの記事

特集

スマート中小企業 アクセスランキング

  1. 急増する空き家、ITで生き返るか?

    急増する空き家、ITで生き返るか?

  2. 日本式IoT、世界を主導できるか?

    日本式IoT、世界を主導できるか?

  3. 【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

    【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

  4. 【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

  5. 【VRと中小企業:3】不動産の成約率を変えたVRプレゼン力

  6. 「日の丸パソコン」構想はなぜ頓挫したのか。破談の先にあるもの

  7. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  8. 日建連専門部会が洋上風力発電の促進で報告書。基地港湾と専用作業船必要、課題はコスト

  9. 【ITで強い商店街を作る:1】地域ポイントサービスとその先

  10. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

アクセスランキングをもっと見る

page top