ANA、4月にふるさと納税応援サイトをオープン 画像 ANA、4月にふるさと納税応援サイトをオープン

インバウンド・地域活性

 全日本空輸(ANA)は1日、ふるさと納税応援ポータルサイト「ANAのふるさと納税」を4月に開設すると発表した。

 同サイトでは、全国各自治体のふるさと納税を掲載し、寄付の申し込みが行えるようにするほか、ふるさと納税の御礼品をカテゴリーごとに紹介。人気の自治体や御礼品を紹介する。

 同サイトを通じてふるさと納税を申し込んだユーザーには、ANAグループから「ANA SKY コイン」を付与。「ANA SKY コイン」は、ANAグループが販売する航空券や旅行商品の支払いに利用することができるため、ユーザーの地方への誘客サポートにつなげる。

 将来的には、自治体主導の目的型寄付「ガバメントクラウドファンディング」にも対応する予定で、観光施設・スポットの保全やリノベーションなど、地域の活性化の一翼を担うほか、ANAグループのマイルが貯まるショッピングサイト「A-style」において、御礼品を取り扱うことも検討するという。

 ふるさと納税は、制度発足当初の2008年度に約8.1億円だったが、14年度には約389億にまで拡大している。同サイトではふるさと納税の普及拡大をさらに後押しし、地方創生を図る。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【水産流通革命:2】鮮魚の産直開拓、漁協の関係をどう築く?

    【水産流通革命:2】鮮魚の産直開拓、漁協の関係をどう築く?

  2. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

    【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

  3. 【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

    【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

  4. 横浜、相模原両市でポスト五輪2大プロ/計画実現の胎動強まる

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. ■ニュース深堀り!■中国資本でよみがえる大阪の中小製造業

  7. 日本中小企業学会大会と、「地方創生」の課題

  8. 【オリンピックと業界認証:6】ハラル編

  9. 東京・岸記念体育会館、神宮外苑地区に移転

  10. 【インタビュー】地産の真珠をブランド化した「HIME PEARL」――愛媛県漁連、平井義則氏

アクセスランキングをもっと見る

page top