ANA、4月にふるさと納税応援サイトをオープン 画像 ANA、4月にふるさと納税応援サイトをオープン

インバウンド・地域活性

 全日本空輸(ANA)は1日、ふるさと納税応援ポータルサイト「ANAのふるさと納税」を4月に開設すると発表した。

 同サイトでは、全国各自治体のふるさと納税を掲載し、寄付の申し込みが行えるようにするほか、ふるさと納税の御礼品をカテゴリーごとに紹介。人気の自治体や御礼品を紹介する。

 同サイトを通じてふるさと納税を申し込んだユーザーには、ANAグループから「ANA SKY コイン」を付与。「ANA SKY コイン」は、ANAグループが販売する航空券や旅行商品の支払いに利用することができるため、ユーザーの地方への誘客サポートにつなげる。

 将来的には、自治体主導の目的型寄付「ガバメントクラウドファンディング」にも対応する予定で、観光施設・スポットの保全やリノベーションなど、地域の活性化の一翼を担うほか、ANAグループのマイルが貯まるショッピングサイト「A-style」において、御礼品を取り扱うことも検討するという。

 ふるさと納税は、制度発足当初の2008年度に約8.1億円だったが、14年度には約389億にまで拡大している。同サイトではふるさと納税の普及拡大をさらに後押しし、地方創生を図る。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

    【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】世界一予約の取れないレストランを唸らせた日本酒(2)

    【地方発ヒット商品の裏側】世界一予約の取れないレストランを唸らせた日本酒(2)

  3. 【規制緩和が生む新観光業:2】地域力で稼ぐツアー事業

    【規制緩和が生む新観光業:2】地域力で稼ぐツアー事業

  4. 鹿島が新世代制震装置を開発……世界初、回生ブレーキで揺れを止める

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 大阪府堺市、黒山西土地区整の本組合設立へ都計素案など検討

  7. 富裕層インバウンドの法則その5

  8. 首都圏Look at/東京・葛飾区、職員寮を宿泊施設にリノベーション

  9. 北海道財務局、札幌・琴似住宅跡地売却の入札公告。12月20日まで参加受付

  10. 兵庫ビジネス/神戸の中小20社クラスター発足1年・航空部品活性化に手応え

アクセスランキングをもっと見る

page top