ボーイングと直接取引する長野の多摩川精機、民間機事業の売上3倍へ 画像 ボーイングと直接取引する長野の多摩川精機、民間機事業の売上3倍へ

インバウンド・地域活性

 多摩川精機(長野県飯田市)は、民間航空機関連の複数部門を統合し、「民間航空機事業本部」を設立した。飯田市内の複数拠点に分散していた開発や営業などの担当者計70人を集約。同社は米欧などの新型機開発計画に相次いで参画が決まり、今後は量産を控える。体制強化で、2020年をめどに民間機関連の売上高を現在比約3倍の60億円規模に引き上げる。

 事業本部は第2事業所(飯田市)内に設置した。開発、営業、生産管理、品質保証などの担当者を集約。受注活動から生産、納入まで一貫して手がける体制を構築した。同社は自動車や防衛関連などの精密機器が主力だが、民間機は投資回収期間が他事業と比べ長いことなどから、独立採算に近い形とした。

 事業強化に向け、日本政策投資銀行(DBJ)から29日付で数億円の融資を受けることも決定。製品の量産準備などに使う。DBJは高い付加価値を生み出す中堅企業約200社を「バリューチェーンコア(VCC)企業」に選定し、通常より0・1―0・2%低利で融資する制度を運用。多摩川精機もVCC企業に認定され、今回は中部地方で初めて、VCC企業支援制度に基づく融資となる。

 同社の連結売上高約500億円のうち、航空機向けは民間・防衛で1割程度。一方、14年に米ボーイングから小型機「737MAX」の飛行制御装置用センサーを直接受注した。欧エアバスの大型機「A350」や三菱航空機(愛知県豊山町)の小型機「MRJ」向けセンサーなども受注し、今後は量産が本格化する。

ボーイングと直接取引する長野の実力中堅企業。民間機事業の売り上げ3倍へ

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  2. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

    ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  3. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

  5. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  8. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. みずほ銀行前本店ビル解体着手。丸の内1-3計画が始動!

アクセスランキングをもっと見る

page top