2015自動車輸出、3年ぶりのプラス…457万8千台 画像 2015自動車輸出、3年ぶりのプラス…457万8千台

インバウンド・地域活性

日本自動車工業会が発表した2015年(1-12月)の自動車輸出実績によると、四輪車の輸出台数は前年比2.5%増の457万8078台となり、3年ぶりの増加となった。

車種別では乗用車が同3.5%増の397万0003台、トラックは同4.4%減の46万6776台、バスは同0.2%減の14万1299台だった。

そのうち、ノックダウン方式の輸出は、乗用車が同32.7%減の11万4309台、トラックが同4.4%減の19万0158台、バスが同8.6%減の2万7840台で、合計は同21.1%減の33万2307台となった。

車種別の構成比は、乗用車86.7%(前年比0.8ポイント増)、トラック10.2%(同0.7ポイント減)、バス3.1%(同0.1ポイント減)となった。生産に占める輸出の割合は49.3%(同3.6ポイント増)となった。

市場別では、最大輸出地域の北米が前年比5.2%増の174万9208台と順調に数字を伸ばした。欧州は同0.9%減の73万5518台、アジアは同5.5%減の52万9291台とやや落ち込んだが、中近東は同9.5%増の68万4886台、大洋州が同4.1%増の39万0891台、中米が同21.4%増の17万4670台と順調だった。

自動車輸出、2.5%増の457万8078台で3年ぶりのプラス…2015年

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

    十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  4. 知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  5. 新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

  6. 埼玉県蓮田駅西口再開発、採算性から27階建てを14階建てに

  7. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  8. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  9. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  10. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

アクセスランキングをもっと見る

page top