人工知能による創作物は著作権保護されるのか? 画像 人工知能による創作物は著作権保護されるのか?

インバウンド・地域活性

 知的財産戦略本部(本部長=安倍晋三首相)は人工知能(AI)が制作した創作物を著作権保護の対象とするべきか検討作業に着手する。27日に開く「次世代知財システム検討委員会(中村伊知哉委員長=慶応義塾大学教授)」でAI研究者や法律家、出版社などの有識者が議論する。2015年度内に方向性をまとめ、16年度に策定する知的財産推進計画に反映する。

 論点はAIが人間と同レベルの品質で創作した場合、その創作物を制度上どう扱うか。さらにAIが生み出す大量の創作物を、人間の能力を前提とした現行制度に適用するのが妥当かなど。現在は人がAIを道具として使って制作した創作物には、その操作をした者に著作権を認めている。しかし、人間よりはるかに生産効率の高いAIが実現すると、大量の創作物をAI操作者が独占でき、人間の創作者を圧迫する可能性がある。

 短編小説を書くAIを開発する公立はこだて未来大学の松原仁教授(人工知能学会会長)は、「人が少し助ければAIはそれなりの文章は書ける」という。また、米国では統計情報などをAIが記事化する取り組みもある。

 ただ、人間の関与の割合で著作権の有無を判断することも現実には難しい。著作権は無断利用や複製などから、創作者を保護し、文化を発展させる仕組みとして作られた。創作者の権利と創作物の多様性、コンテンツ産業の競争力をいかにバランスさせるか。議論の行方が注目される。

AIの創作物は著作権保護の対象にするべきか

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  4. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  5. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  6. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  7. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  8. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

アクセスランキングをもっと見る

page top