なにが起きた? トヨタが国内ラインを全停止! 画像 なにが起きた? トヨタが国内ラインを全停止!

インバウンド・地域活性

 トヨタ自動車は1日、国内の完成車組み立てラインをすべて稼働停止にすると発表した。期間は8日から13日までの約1週間。15日に稼働再開を予定しているという。

 トヨタ自動車に一体なにが起きたのか? 事の始まりは1月8日、同社に部品を供給する鉄鋼メーカー「愛知製鋼」の知多工場で起きた爆発事故にある。これによって部品供給に支障をきたし、今回の処置に踏み切った。2月1日から残業と休日出勤の取りやめがすでに決定していたが、8日以降にも影響が広がった形だ。

 事故で損傷を受けた愛知製鋼知多工場の第2棒線圧延工場は、現在稼働を休止し、3月中の復旧を目指している。トヨタ自動車では愛知製鋼内の代替ラインでの生産や、他の鉄鋼メーカーへの生産委託などにより、車両生産への影響を最小限にとどめようと対応に追われている。トヨタグループや関連各社への影響が懸念される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

    阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  3. ~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今

    ~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今

  4. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

  7. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  8. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  9. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  10. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top