【回転窓】頑張れ国内農業 画像 【回転窓】頑張れ国内農業

インバウンド・地域活性

 四国で農家を営む親戚から野菜が詰まった宅配便が届いた。東京で野菜が高騰していると聞き、送ってくれたそうだ▼近所のスーパーではレタスが298円、小松菜が198円と暖冬で安かった昨年末の数倍。先日、列島を広く覆った今冬一番の寒波の影響で、供給量が極端に減ったことが高騰の原因らしい▼14年2月に関東を襲った大雪では農業用ハウスの倒壊が相次いだ。これを教訓に東日本ではハウスの柱や梁を鉄骨に変え、屋根に積もる雪を溶かす暖房機を増設した農家も少なくない。今回の寒波は普段は温暖な西日本の各地にも大雪をもたらした。今後は東日本と同様の対策も求められそうだ▼スーパーでもう一つ目を引いたのが、120円と安いオマーン産のサヤインゲン。日本とは季節が逆のオマーンに着目した日本の商社が開拓。この時期に販売されるサヤインゲンの多くがオマーン産という。季節の違いを生かした農産物の輸出は日本の農業にも可能だろう▼TPP(環太平洋経済連携協定)による貿易自由化で危機が叫ばれる国内農業だが、教訓を生かし、知恵を絞って体質強化を図ってほしい。

回転窓/頑張れ国内農業

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. ~インバウンド向けホステル浸透中!:3~開業リフォームに使える補助制度

    ~インバウンド向けホステル浸透中!:3~開業リフォームに使える補助制度

  4. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  6. フランス語? 日本語とは思えない……宮崎県小林市が方言でPRムービー

  7. 豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

  8. ~インバウンド向けホステル浸透中!:2~今日からできる口コミ戦略!

  9. 戸越五丁目19番地区再開発/18年3月の都市計画決定を目指す

  10. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

アクセスランキングをもっと見る

page top