アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何? 画像 アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

マネジメント

 世代によって仕事観が違うように、理想の上司像もさまざまだ。アルバイト求人情報サービス「an」がそんな上司について、若者を対象に調査を行った。

 アンケートの対象は15歳から24歳の男女2472人で、「バイト先の理想の上司・店長像」と「現実の上司・店長ができていること」について複数回答で聞いている。調査期間は2015年7月28日から7月30日で、有効回答数は1867件。

 この調査で理想と現実がもっとも乖離していたのは「えこひいきをしない」というもの。63.4%が理想の条件に挙げているが、実際の上司が「できている」と答えたのは21%にとどまった。

 anによると、回答者が「えこひいき」と感じた事例として顕著だったのは、「かわいい女の子やお気に入りの女の子には怒らない」といった女性スタッフへの対応の差だという。対応や注意、指導の仕方だけでなく「特定の女性スタッフだけ名前で呼ぶ」といったことも「えこひいき」を感じさせることとして挙げられていた。

 理想と現実のギャップとしては、「えこひいき」に次いで「スタッフをやる気にさせてくれる」「スタッフが楽しく働ける雰囲気づくり」というモチベーション管理に関わる項目が2位、3位にランクインしている。1位の「えこひいき」は対照的にモチベーションを下げる原因になる事柄だ。

 「ある程度仕事をまかせてくれる」といったやりがいに関わる項目は34.3%とやや支持率が低く、職場のムードに関わる項目が上位に来ている形だ。anはこうした結果の背景として、若者世代がアルバイトをお金のための労働というより、「楽しく働く場」としたい意識が強まっていることがあると分析している。

 なお、理想と現実の乖離率トップ10に入った項目のなかで「理想の上司像」としてもっとも支持を受けているのは「いざというときにフォローしてくれる・責任を取ってくれる」で65.6%。こちらは約3割は現実の上司もできていると回答されており、乖離率は4位だった。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  3. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  4. ズッキーニ、牛肉、パプリカ、ブナシメジ…「夏カレー」関連具材が人気

  5. モンテディオ山形、新スタジアム整備構想を発表

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

  7. 海水練りコンクリートの用途を拡大 大林組

  8. JA全農、海外で国産農畜産物の売り込み強化

  9. 【倒産情報】レディスアパレル「2%TOKYO」が自己破産

  10. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

アクセスランキングをもっと見る

page top