自治体施設の老朽化対策支援強化…集約・複合化の地方債2倍に

インバウンド・地域活性

 総務省は16年度、財政基盤がぜい弱な地方自治体の公共施設の老朽化対策に対する財政支援を強化する。16年度の地方財政計画で、既存施設の集約・複合化などの財源として発行できる地方債「公共施設等最適化事業債」を、本年度の倍となる総額2000億円とする。発行の条件としている「公共施設等総合管理計画」の策定が16年度中にほぼすべての自治体で終えることから、全国で公共施設の集約・複合化が集中するのに備える。
 15年度に創設した公共施設等最適化事業債には、集約・複合化事業費の90%に充当できる「公共施設最適化事業債」、他の公共施設への転用事業費の90%に充当できる「地域活性化事業債」がある。14年度に先行して始めた除却事業費の75%を賄える「除却事業に係る地方債」も含まれる。
 うち集約・複合化と転用については、公民館や学校のように利用料金収入がなく、住民の利用が中心となる施設に限定して発行できる。
 16年度の地財計画では、公共施設等最適化事業債2000億円の配分を、▽集約・複合化=1250億円(15年度450億円)▽転用=120億円(100億円)▽除却=630億円(450億円)-とする。
 16年度の発行計画額が本年度より大幅に増えるのは、同省が14年4月に自治体に要請した公共施設等総合管理計画の策定を、16年度中にすべての都道府県・政令市と、市区町村の99%以上が終え、ストックの集約・複合化などが今後集中して進むとみられるためだ。
 総務省は、発行額の増加に対応し、国が自治体に配分する地方交付税の総額も増やす。公共施設等最適化事業債では、元利償還金の最大半額程度を国からの交付税で賄える仕組みになっている。

総務省/自治体施設の老朽化対策支援強化/集約・複合化へ、地方債2千億円に倍増

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初

    神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初

  3. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  6. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  7. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  8. 八重洲二丁目北地区再開発、11月下旬に複合ビル/ホテルや小学校、バスターミナル

  9. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  10. ゆりかもめ「市場前」駅前でオフィスとホテル開発/19年3月着工

アクセスランキングをもっと見る

page top