コマツ、ミニショベルの燃費を7%改善 画像 コマツ、ミニショベルの燃費を7%改善

インバウンド・地域活性

コマツは、ミニショベル「PC30MR/35MR-5」をフルモデルチェンジして発売開始した。

新型機は、エンジンと油圧システムを最適に制御するコマツ独自の電子制御システムに加え、新たにEモード、オートデセル、オートアイドルストップ機能、ダイヤル式燃料コントロールを採用、従来機の作業性能を維持しながら燃料消費量を7%低減した。

また、作業機レバーニュートラル検出機能、セカンダリエンジン停止スイッチ、シートベルト未装着警報などを新たに加え安全性の向上を図った。加えて、多くの情報を見やすく表示する3.5インチカラー液晶多機能モニタや取得可能なデータが大幅に増えたKOMTRAXを装備、機械稼働の「見える化」を進めた。

キャブ仕様では、新設計の大型ドアの採用やエアコン標準装備するなど、快適なオペレータ空間の実現を目指した。土交通省第3次排出ガス基準に適合している。

工場裸渡し価格でPC30MR-5が440万円(消費税別)、PC35MR-5が478万円(同)。販売目標は2機種合計で年間3000台。

コマツ、ミニショベルをフルモデルチェンジして発売…燃費を7%改善

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

    東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

  4. JR宇都宮駅東口地区整備方針/コンベンション施設や商業施設整備を

  5. 東京都港区立科学館整備、虎ノ門の複合施設内に/プラネタリウムホールも

  6. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  7. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  8. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  9. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  10. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

アクセスランキングをもっと見る

page top