コマツ、ミニショベルの燃費を7%改善 画像 コマツ、ミニショベルの燃費を7%改善

インバウンド・地域活性

コマツは、ミニショベル「PC30MR/35MR-5」をフルモデルチェンジして発売開始した。

新型機は、エンジンと油圧システムを最適に制御するコマツ独自の電子制御システムに加え、新たにEモード、オートデセル、オートアイドルストップ機能、ダイヤル式燃料コントロールを採用、従来機の作業性能を維持しながら燃料消費量を7%低減した。

また、作業機レバーニュートラル検出機能、セカンダリエンジン停止スイッチ、シートベルト未装着警報などを新たに加え安全性の向上を図った。加えて、多くの情報を見やすく表示する3.5インチカラー液晶多機能モニタや取得可能なデータが大幅に増えたKOMTRAXを装備、機械稼働の「見える化」を進めた。

キャブ仕様では、新設計の大型ドアの採用やエアコン標準装備するなど、快適なオペレータ空間の実現を目指した。土交通省第3次排出ガス基準に適合している。

工場裸渡し価格でPC30MR-5が440万円(消費税別)、PC35MR-5が478万円(同)。販売目標は2機種合計で年間3000台。

コマツ、ミニショベルをフルモデルチェンジして発売…燃費を7%改善

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初

    神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初

  3. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  6. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  7. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  8. 八重洲二丁目北地区再開発、11月下旬に複合ビル/ホテルや小学校、バスターミナル

  9. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  10. ゆりかもめ「市場前」駅前でオフィスとホテル開発/19年3月着工

アクセスランキングをもっと見る

page top