中小企業の2割で「メンタル理由による退職がある」 画像 中小企業の2割で「メンタル理由による退職がある」

人材

 2015年12月からストレスチェック制度がスタートし、労働者50人以上の事業所で年1回のストレスチェックが義務化された。では、中小企業ではどの程度のメンタルヘルスマネジメントが行われているのか。

 エフアンドエムの中小企業総合研究所は、メンタルヘルスマネジメントに関するアンケート調査を発表した。調査は同社の中小企業向け管理部門支援サービスに入会している企業を対象に、10月1日から12月21にかけて実施。全国1578社からの回答をまとめている。

 この調査では、メンタルヘルス上の理由で休業・退職した社員がいると答えた企業は全体の21.6%。事業所の規模に比例して割合は高くなっており、30~50名未満の事業所で27.2%、50~300名未満の事業所では36.4%、300~1000名未満の規模となると77.8%に達する。

 では、各社の対策はというと、全体の89%は何らかのメンタルヘルスマネジメントを行っていると回答している。もっとも多いのは個人面談によるケアで54%。次いで社内研修が多く、その他にも懇親会などさまざまな取り組みを行う企業が続いている。

 一方で11%はストレスマネジメントの取り組みを何も行っていないと回答。中小企業では組織のフラット化や非正規社員の増加などにより、面談などの「ラインのケア」を行うことが難しくなっている。ラインによるケアを行っている企業でも、管理監督者がメンタルケアの研修を受けた上で相談対応を行うような専門性を持つ取り組みを行うケースは少ないと中小企業総合研究所は分析している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

    「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

  2. 国交省、建設業女性の入職や定着支援/中小企業経営者向けにワークショップも

    国交省、建設業女性の入職や定着支援/中小企業経営者向けにワークショップも

  3. 国交省 田村計 土地建設産業局長が就任会見/働き方改革、民間の理解と浸透広げる

    国交省 田村計 土地建設産業局長が就任会見/働き方改革、民間の理解と浸透広げる

  4. 国交省人事/次官に毛利信二氏、森昌文技監は留任

  5. 船内体験が新入社員を強くする!いま企業が注目する「セイルトレーニング」

  6. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  7. アジア9か国の求人情報を一括検索…海外志望の邦人向けサイト

  8. ~HANJO女子~橋梁工事は1ミリを大事にする仕事/三井住友建設 鶴見知香さん

  9. 新入社員調査、仕事よりもプライベートを優先!?

  10. 中部整備局、三重県でICT講座開く/高校生が最新測量技術学ぶ

アクセスランキングをもっと見る

page top