日建連会員15年12月受注、内需好調で16.8%増 画像 日建連会員15年12月受注、内需好調で16.8%増

マネジメント

 日本建設業連合会(日建連)がまとめた会員97社の15年12月の受注総額は、前年同月比16・8%増の1兆4812億円となった。海外は前年同月の大型工事の反動で20・6%減の1064億円とふるわなかったが、国内は21・2%増の1兆3748億円と好調だった。
 国内受注のうち、民間工事は33・7%増の9794億円、官公庁工事は2・2%減の3927億円。民間の発注者別内訳は製造業が63・1%増の1755億円、非製造業が28・7%増の8039億円。製造業は工場、事務所、非製造業は事務所、住宅の工事が多かった。
 官公庁の発注者別内訳は、国の機関が8・7%増の2269億円、地方機関が14・0%減の1658億円。国の機関は、国が48・9%減の628億円、独立行政法人が19・1%増の403億円、政府関連企業が137・3%増の1238億円。地方機関は、都道府県が28・1%減の687億円、市区町村が1・7%減の745億円、地方公営が9・4%増の180億円など。国は、前年同月に研究施設や大型道路工事があったための反動減。政府関連企業は、大型娯楽施設や鉄道関連工事の計上で大幅に増加した。
 全国9地区別では、減少したのが東北、四国、九州だけ。東北は、7月から6カ月連続して前年の水準を下回った。

日建連会員15年12月受注、16・8%増/国内は好調、海外は反動減

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

    【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

  2. 日系企業はいかに米経済に貢献しているか…自工会「Investing in America」

    日系企業はいかに米経済に貢献しているか…自工会「Investing in America」

  3. 帰宅困難時の企業対策、ほぼ進展なし…東商アンケート

    帰宅困難時の企業対策、ほぼ進展なし…東商アンケート

  4. 政府、PPP・PFI導入推進へ指針決定

  5. “客のフリ”してあなたの会社・店舗をチェックします!

  6. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  7. 貨物車両のタイヤ整備不良は4割以上――「タイヤの日」点検

  8. 列島景気診断―自動車・新幹線で好調な中部、東北は生産指数悪化

  9. 日比谷花壇、花祭壇のコンサル事業へ…JA葬祭と連携も

  10. ASEAN大手外食企業との商談会……ジェトロが日本で開催、参加企業募集

アクセスランキングをもっと見る

page top