日建連会員15年12月受注、内需好調で16.8%増 画像 日建連会員15年12月受注、内需好調で16.8%増

マネジメント

 日本建設業連合会(日建連)がまとめた会員97社の15年12月の受注総額は、前年同月比16・8%増の1兆4812億円となった。海外は前年同月の大型工事の反動で20・6%減の1064億円とふるわなかったが、国内は21・2%増の1兆3748億円と好調だった。
 国内受注のうち、民間工事は33・7%増の9794億円、官公庁工事は2・2%減の3927億円。民間の発注者別内訳は製造業が63・1%増の1755億円、非製造業が28・7%増の8039億円。製造業は工場、事務所、非製造業は事務所、住宅の工事が多かった。
 官公庁の発注者別内訳は、国の機関が8・7%増の2269億円、地方機関が14・0%減の1658億円。国の機関は、国が48・9%減の628億円、独立行政法人が19・1%増の403億円、政府関連企業が137・3%増の1238億円。地方機関は、都道府県が28・1%減の687億円、市区町村が1・7%減の745億円、地方公営が9・4%増の180億円など。国は、前年同月に研究施設や大型道路工事があったための反動減。政府関連企業は、大型娯楽施設や鉄道関連工事の計上で大幅に増加した。
 全国9地区別では、減少したのが東北、四国、九州だけ。東北は、7月から6カ月連続して前年の水準を下回った。

日建連会員15年12月受注、16・8%増/国内は好調、海外は反動減

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

    島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

  3. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

    物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  4. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  5. 三菱重工、第1四半期決算は前期比5%の増益……民間航空機や商船が好調

  6. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  7. 家電や半導体の失敗を繰り返すな…日本電産・永守会長

  8. 海外進出を現地パートナーが支援、マッチングサービスが登場

  9. 【働く】環境装備エヌ・エス・イー・中岡勉社長…施工プロセス・品質で差別化

  10. トンボとイーストボーイが学校制服分野で提携

アクセスランキングをもっと見る

page top