2014年の中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに 画像 2014年の中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに

制度・ビジネスチャンス

 中小企業庁が2014年の中小企業・小規模事業者数をまとめた。中小企業、小規模事業者は2012年から4万4000者減少の380万9000社となった。

 発表されたのは、2014年11月に総務省が発表した「平成26年経済センサス-基礎調査」のデータを分析、集計したもので、2014年7月の調査に基づいている。380万9000者のうち、小規模事業者は325万2000者を占める。中小・小規模合計ではマイナス1.1%、4万4000社の減少だが、小規模事業者の減少は2.7%、9.1万者。小規模事業主を除く中小企業は増加している形になる。

 一方、大企業数は2012年比で514者増の1万1110社。大規模な企業が増加し、小規模な企業が減少している傾向といえる。事業者の99.7%を占める中小企業・小規模事業者、特に85.1%を占める小規模事業者が減少していることで、大企業を含めた全企業数も1.1%の減少となっている。

 ただし、減少傾向とはなっているものの、2009年から2012年までの3年間では約35万者の中小・小規模事業者が減少しており、今回の2年間では減少ペースはゆるやかになっているといえる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. 従業員に「活力」と「健康」を――オムロン「GENKIプロジェクト」

    従業員に「活力」と「健康」を――オムロン「GENKIプロジェクト」

  3. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

    「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  4. 大林組が「森林と共に生きる街」建設構想発表/中山間地での持続可能な街づくり提案

  5. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  6. 牛乳はどこで買う? いま増えているのは

  7. 所有者不明土地が全国に410万ha、九州を上回る面積、驚き広がる

  8. 夕張メロン、2玉300万円の効果のほどは?

  9. 国交省が低入札調査の基準額を引き上げ、工事は予定価格の89%に

  10. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

アクセスランキングをもっと見る

page top