2014年の中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに 画像 2014年の中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに

制度・ビジネスチャンス

 中小企業庁が2014年の中小企業・小規模事業者数をまとめた。中小企業、小規模事業者は2012年から4万4000者減少の380万9000社となった。

 発表されたのは、2014年11月に総務省が発表した「平成26年経済センサス-基礎調査」のデータを分析、集計したもので、2014年7月の調査に基づいている。380万9000者のうち、小規模事業者は325万2000者を占める。中小・小規模合計ではマイナス1.1%、4万4000社の減少だが、小規模事業者の減少は2.7%、9.1万者。小規模事業主を除く中小企業は増加している形になる。

 一方、大企業数は2012年比で514者増の1万1110社。大規模な企業が増加し、小規模な企業が減少している傾向といえる。事業者の99.7%を占める中小企業・小規模事業者、特に85.1%を占める小規模事業者が減少していることで、大企業を含めた全企業数も1.1%の減少となっている。

 ただし、減少傾向とはなっているものの、2009年から2012年までの3年間では約35万者の中小・小規模事業者が減少しており、今回の2年間では減少ペースはゆるやかになっているといえる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  2. マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

    マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  5. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  6. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  7. 証券会社に「アニメ」「声優」の波、若者取り込みに効果

  8. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  9. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  10. プログラミング別平均年収ランキング2017、Swift、Rubyは4位、で1位は?

アクセスランキングをもっと見る

page top