自動車軽量化に向け、低コストマグネシウム合金開発へ 画像 自動車軽量化に向け、低コストマグネシウム合金開発へ

インバウンド・地域活性

 日本マグネシウム協会(東京都中央区、加藤数良会長、03・3243・0280)は、低コストな自動車向けマグネシウム鋳造素材の開発設計に着手する。大手自動車・部品メーカーや鋳造メーカーを中心に17社で「自動車マグネシウム適用拡大委員会」(中村弘之委員長=東海理化専務取締役専務執行役員)を設置。2017年度内をめどに、アルミニウム合金と同等かそれ以下にコストを抑えたマグネシウム合金の開発を目指す。

 マグネシウム合金は同じく自動車向け金属素材である鉄の4分の1、アルミ合金の3分の2と軽量な点がメリット。一方で、アルミ合金と比べて材料・製造コストが高く、鋳造品の状態で最大2倍程度高価格なのが課題だった。委員会を構成する17社は、マグネシウム地金を共同購入し、低コストな製造・設計法に取り組むことで、安価な素材の開発を目指す。

 協会会員の複数の自動車メーカーから、車の軽量化・省燃費化に寄与するマグネシウム合金部品を増やしたいという要請があり、委員会を設置してマグネシウム合金の低コスト化に取り組むことにした。オイルパンやインストルメントパネル、トランスミッション、ステアリングホイール関連などにマグネシウム合金が適用されれば、車1台当たり数キログラムの需要が生まれるという。

 新しい素材を作るためのデータ収集を9月ごろまで行い、それ以降は実際に素材の設計に取り組む。17年度内をめどに、低価格マグネシウム合金を実用化し、継続的な適用を目指す。

自動車の軽量化実現なるか。コスト抑えたマグネシウム合金を共同開発へ

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

    茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  6. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  10. 高速バスが先手!京急と東急による「羽田空港―大崎駅線」開始

アクセスランキングをもっと見る

page top