農業女子が就農やSNS活用など語る、初のシンポジウム開催 画像 農業女子が就農やSNS活用など語る、初のシンポジウム開催

インバウンド・地域活性

 農業に携わる女性の増加などをめざす「農業女子プロジェクト」が、初のシンポジウム「農業女子力で変わる・変える!日本の農業」を開催する。2月27日15時からで、入場は無料。

 農業女子プロジェクトは2013年に農林水産省が立ち上げたもの。女性農業者の知恵を企業の技術やノウハウなどと結びつけ、新たな商品やサービスを生み出し、発信していく内容だ。現在までに400人以上のプロジェクトメンバーが参加。企業も25社が参加し、実際にプロジェクトを通じて製品化された商品も複数ある。

 今回のシンポジウムでは、プロジェクトメンバーがパネラーとして登壇。東京大学大学院農学生命科学研究科教授の中嶋康博氏や、食育・料理研究家の中原麻衣子氏とともに、農業について議論する。テーマとなるのは、農業女子の就農体験や6次産業化、SNSなど異業種とのコラボレーション事例などだ。

 会場は東京港区のコクヨホール。参加申し込みは「農業女子プロジェクト」シンポジウム事務局で受け付けている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

    東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  9. 「新分野に売って出る」大木工藝社長・大木武彦氏…炭素技術のヘルスケア製品

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top