熊本県教育委員会がICT教材として県内高校に「受験サプリ」導入 画像 熊本県教育委員会がICT教材として県内高校に「受験サプリ」導入

インバウンド・地域活性

 オンライン学習サービスの「受験サプリ」が、熊本県教育委員会との協働を発表した。4月から開始される県教育委員会の「動画配信教材活用事業」でサービス提供される。

 受験サプリはリクルートマーケティングパートナーズが提供する、月額980円で予備校講師の講義動画が見放題になる高校生向けサービス。有料会員数は累計20万人を記録しており、全国約700校の高校で導入されている。教育委員会との協働は、今回が初初めてのことだ。

 熊本県では生徒の学習習熟度の差が拡大しているという声があり、習熟度に応じて学習ができる同サービスでフォローアップを図る。サービスは4月から県立の地域進学重点校10校でサービスを導入。まずは利用を希望する生徒を対象に運用される。

 利用希望の生徒は到達度テストにより弱点を把握したり、自宅学習の教材や宿題・補講のテキストとして利用することができる。また、教師側は生徒がどのような動画を視聴したかを確認でき、それぞれの生徒の学習状況を把握することが可能だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【規制緩和が生む新観光業:1】地方特化の通訳ガイドはじまる

    【規制緩和が生む新観光業:1】地方特化の通訳ガイドはじまる

  2. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  5. 富裕層インバウンドの法則その4

  6. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. HJHJアーカイブス:04「新宿つな八に、なんで外国人の行列が?」

  10. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

アクセスランキングをもっと見る

page top