熊本県教育委員会がICT教材として県内高校に「受験サプリ」導入 画像 熊本県教育委員会がICT教材として県内高校に「受験サプリ」導入

インバウンド・地域活性

 オンライン学習サービスの「受験サプリ」が、熊本県教育委員会との協働を発表した。4月から開始される県教育委員会の「動画配信教材活用事業」でサービス提供される。

 受験サプリはリクルートマーケティングパートナーズが提供する、月額980円で予備校講師の講義動画が見放題になる高校生向けサービス。有料会員数は累計20万人を記録しており、全国約700校の高校で導入されている。教育委員会との協働は、今回が初初めてのことだ。

 熊本県では生徒の学習習熟度の差が拡大しているという声があり、習熟度に応じて学習ができる同サービスでフォローアップを図る。サービスは4月から県立の地域進学重点校10校でサービスを導入。まずは利用を希望する生徒を対象に運用される。

 利用希望の生徒は到達度テストにより弱点を把握したり、自宅学習の教材や宿題・補講のテキストとして利用することができる。また、教師側は生徒がどのような動画を視聴したかを確認でき、それぞれの生徒の学習状況を把握することが可能だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら/H14》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本厚木駅開発、17年7月着工めざす

    本厚木駅開発、17年7月着工めざす

  2. VWの不正見抜いた測定器製作の京都・堀場製作所、仏首相が見学

    VWの不正見抜いた測定器製作の京都・堀場製作所、仏首相が見学

  3. 羽田空港跡地第2ゾーン、五輪までに宿泊施設開業へ!

    羽田空港跡地第2ゾーン、五輪までに宿泊施設開業へ!

  4. リニア新幹線、地下へ地下へと深く潜る?

  5. リケジョ×IT女子=古都・金沢発の新ブランドコスメを開発

  6. 【インバウンド向けホステル浸透中!:5】リノベ向きの意外な施設とは?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. アニメビジネスと地域活性化…自衛隊・埼玉・大洗・鷹の爪

  9. JR東海が16年度設備投資計画。総額4230億円、リニア新幹線に1130億円

アクセスランキングをもっと見る

page top